「第4回 GIRLS!?~現代を彩る新進気鋭の女流画家たち~」展 銀座 日動画廊本店
銀座
chariot

銀座の日動画廊本店では「第4回 GIRLS!?~現代を彩る新進気鋭の女流画家たち~」展が
開かれています。
会期は4月27日(月)まで、日曜日はお休みです。

昭和会展受賞女流作家による新作展で、9名の作品が数点ずつ展示されています。

江口美幸(1975~) 「 この時を」 油彩
gill001.jpg

枯れて、単純化された空間です。

関野智子(1972~) 「 金色の丘」 油彩
gill005.jpg

ストイックな画風で、観ていて落着きます。

立石真希子(1980~) 「 卓上のラ・フランス」 油彩
gill003.jpg

少し筆触を残す、程の良い写実です。

中原未央(1986~) 「 結(ゆう)-s」 油彩
gill007.jpg

絵に描いた背景にピンを刺して紐を結んだように見せています。

仁戸田典子(1986~) 「 光射す場所で」 油彩
gill004.jpg

ヒエロニムス・ボスの世界を明るくしたような画面で、陽気な怪物たちであふれています。

美浪 文(1978~) 「 神様たちが住んでいる」 ミクストメディア
gill002.jpg

深みのある色彩の風景です。

美浪恵利(1982~) 「 とこしえの音」 アクリル
gill006.jpg

同じ画面を繰り返してリズムを持たせています。

米田和恵(1984~) 「 オックスフォードへ」 油彩
gill008.jpg

柔らかな色調で、童話のような世界をユーモラスに描いています。
場所をストリート・ビューで探すと、セント・メアリー教会近くのハイ・ストリートのようです。

2014年に日動画廊で開かれた、「米田和恵展」の記事です。

渡辺香奈(1980~) 「 1輪を花束に」 油彩、サムホール
gill009.jpg

小品で、薔薇のつぼみから咲き誇るまでを描いています。
渡辺さんの作品には旋回のモチーフがよく見られます。

2011年に日動画廊で開かれた、「渡辺香奈展」の記事です。

渡辺さんは文化庁海外研修としてスペインに留学し、3月に日本橋三越本店で
帰国記念展覧会が開かれていました。
作品もより力強くなった気がします。
いつか、国立新美術館での文化庁主催の「DOMANI展」に登場することでしょう。

三越で開かれた、「渡辺香奈展」の記事です。

関連記事

【2015/04/18 20:01】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • こんばんは。
  • ロンドンではなくオクスフォードですが、たしかに列になって横断しています。
    米田さんはペンギンをよく描いています。
    可愛いところが絵の題材にちょうど良いのでしょう。

    【2015/04/19 18:26】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • おおお
  • ペンギンのアビーロードだ。歩いているだけでユーモラスなペンギン。ペットには最適なはずなんですが、やはり買うのは難しいのかなぁ

    【2015/04/19 13:26】 url[miss.key #eRuZ.D2c] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2614-137c3c2e

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    東京のビルの多い街で暮らしています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |