「燕子花と紅白梅 光琳デザインの秘密」展 根津美術館
表参道
chariot

表参道の根津美術館では尾形光琳300年忌記念特別展、「燕子花と紅白梅 
光琳デザインの秘密」展が開かれています。
会期は5月17日(日)までです。
5月3日(日)までと5月4日(月)からで、一部展示替えがあります。

燕001

今年は1716年(享保元年)に亡くなった尾形光琳の300年忌に当たるということで、
光琳の作品のうち、根津美術館所蔵の「燕子花図屏風(かきつばたずびょうぶ)」と
熱海のMOA美術館所蔵の「紅白梅図屏風」を並べて展示するという、とても豪華な企画です。


展示室1は屏風の展示です。

「燕子花図屏風」 尾形光琳筆 6曲1双 江戸時代 18世紀 根津美術館 国宝
光003

左隻
根4-29-2010_002

右隻
根4-29-2010_003

時を経た金箔地の中に並び咲く燕子花を観ていると、この季節になったのだなという
感慨があります。

「紅白梅図屏風」 尾形光琳筆 2曲1双 江戸時代 18世紀 MOA美術館 国宝
燕子花002

大きく横に広がる流水と、上下に伸びる梅の枝が対照的で、画面に勢いがあります。
最晩年の作とは思えない、力強い生命力を感じる作品です。

「蔦の細道図屏風」 伝俵屋宗達筆・烏丸光広賛 
6曲1双 江戸時代 17世紀 相国寺 重要文化財

燕子花003

左隻
燕子花004

右隻
燕子花005

伊勢物語の駿河の宇津ノ谷峠の場面です。
蔦の茂る細道で在原業平が知り合いの修行者に出会い、都に残した女への手紙を
言づてます。

  駿河なる宇津の山辺のうつつにも夢にも人に逢わぬなりけり

人物は描かず、金箔地を緑色の土坡で区切り、濃淡を付けた蔦の葉をあしらっています。
デザイン感覚にあふれた画面構成です。

「四季草花図屏風」 「伊年」印 6曲1双 江戸時代 17世紀 根津美術館
左隻
根4-29-2010_004

穏やかな色調で、右から左に草花を四季の移り変わりにしたがって並べています。
俵屋宗達の工房の作品であることを表す、「伊年」の印が押してあります。

「槇楓図屏風」 伝俵屋宗達筆 6曲1双 江戸時代 17世紀 山種美術館
江戸7-19-2010_004

5月3日までの展示です。
右側に大きく曲がった幹と直立した幹の槙を置き、槙と楓の葉が左上に力強く
伸びていく、躍動感のある画面です。
下に女郎花と桔梗も見えます。

「槇楓図屏風」 尾形光琳筆 6曲1双 江戸時代 18世紀 
 東京藝術大学美術館 重要文化財

5月3日までの展示です。
俵屋宗達筆とされる「槇楓図屏風」を光琳が模写したものです。
構図は同じですが、色彩は明るく、軽やかな雰囲気になっています。

「夏草図屏風」 尾形光琳筆 2曲1双 江戸時代 18世紀 根津美術館
左下から右上に向かって、30種類もの夏の草花がびっしり並んで描かれています。

展示室には、これらの屏風に囲まれた豪奢な空間が現出しています。
花を賞でる時のように、まだ来館者の少ない朝のうちに行かれるのも良いでしょう。


展示室2.5には尾形光琳の小品や下絵、弟の乾山の作品などが展示されています。
光琳の息子、寿市郎の養子先である小西家に伝えられた、光琳の描いた下絵、図案なども
展示されていて、光琳のデザインの源を窺うことができます。

「扇面貼交手筥」 尾形光琳筆 江戸時代 18世紀 大和文華館 重要文化財
燕子花007

5月10日までの展示です。
金箔地の木箱に扇面と団扇を貼ってあります。
内側や蓋の裏にも貼ってあって、とても華やかです。

「銹絵梅図角皿」 尾形乾山作・尾形光琳画 江戸時代 18世紀 根津美術館
燕子花008

光琳と乾山の合作で、紅白梅図屏風に似た梅が描かれています。

「雁金屋衣装図案帳(小西家文書)」 江戸時代 17世紀 
 大阪市立美術館 重要文化財

燕子花006

光琳の実家の呉服商、雁金屋の図案帳です。


展示室6のテーマは「燕子花図屏風の茶」です。
根津嘉一郎が昭和6年5月14日に「燕子花図屏風賞翫会」を開き、茶席を設けたときの
茶道具の展示です。

「青磁袴腰香炉」 龍泉窯 中国・南宋時代 13世紀 重要美術品
燕子花001


展覧会のHPです。


私の行った4月25日は、庭園のカキツバタは咲き始めたところでした。

根IMG_0468

根IMG_0467


次回の展覧会はコレクション展、「江戸のダンディズム 刀から印籠まで」です。
会期は5月30日(土)から7月20日(月・祝)です。

刀001

関連記事

【2015/04/29 19:14】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2622-6d290f33

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |