「第33回 上野の森美術館大賞展」 上野の森美術館
上野
chariot

上野の森美術館では、「第33回 上野の森美術館大賞展」が開かれています。
会期は5月10日(日)までです。
その後、5月26日(火)から31日(日)まで、京都府京都文化博物館に巡回します。

上野001


昭和58年(1983)に創設された賞で、日本画・洋画等のジャンルや
抽象・具象を問わず公募し、今年は136点が入選しています。

審査員は岡村桂三郎、千住博、土屋禮一、福田美蘭、保科豊巳、山本文彦、
水野政一の各氏です。


上野の森美術館絵画大賞 髙木陽 「赤い柵に囲まれた大地球儀」 油彩 
上野002

超高層ビルにある博物館らしい所で子どもたちが大きな地球儀を観ていますが、
地球儀の表面も子供たちの顔も不気味です。
一人だけこちらを見ている子がいて、この異様な状況の中で醒めています。

優秀賞 フジテレビ賞 青木萌 「覚醒する情動」 ミクストメディア 
上野006

植物が図案化された人の顔を形作っています。

優秀賞 ニッポン放送賞 橋本大輔 「junk」 油彩 
上野004

細密な写実で、ガラクタを描いた画面にリアリティがあります。

優秀賞 彫刻の森美術館賞 中嶋精次 「テーブル No.1」 水彩
上野005

水彩らしい茫洋とした画面です。 

優秀賞 産経新聞社賞 今井陽子 「きせつめぐるさかずき」  ミクストメディア
上野003
 
淡い色調と筆遣いで、蓮の葉などが季節の移ろいを表しています。


洋画、日本画、写実、半具象、抽象が混じり合っていて、団体展には無い面白さの
ある展覧会です。

展覧会のHPです。

2014年に開かれた「第32回 上野の森美術館大賞展」の記事です。


上野広小路の証券会社のパンダは端午の節句を祝っています。

端午IMG_0385 - コピー

関連記事

【2015/05/01 19:20】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • こんばんは。
  • 生命の絶えた地球というのは緑も無く、こんな感じになるかもしれません。
    冷えて不気味な印象がします。

    【2015/05/02 23:13】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • 海が枯れた地球でしょうか
  •  ガミラスの遊星爆弾でも落とされましたかね。カラーだったら赤くなってたんでしょうか。

    【2015/05/02 21:19】 url[miss.key #eRuZ.D2c] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2625-c5dd2b58

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    東京のビルの多い街で暮らしています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |