「公募団体ベストセレクション 美術 2015」展 東京都美術館
上野
chariot

上野の東京都美術館では、「公募団体ベストセレクション 美術 2015」展が
開かれています。
会期は5月27日(水)までです。
同時開催中の「大英博物館展」のチケットで無料で入場できます。

公募001


1926(大正15)年に開館して依頼、公募団体とともに歩んできた東京都美術館が
開く展覧会で、今年は4回目、27団体の151人の作品が展示されています。

参加団体は以下の通りです。

一陽会、一水会、旺玄会、行動美術協会、光風会、国画会、示現会、自由美術協会、
主体美術協会、春陽会、新制作協会、水彩連盟、創画会、創元会、東光会、
独立美術協会、二科会、二紀会、日洋会、日展、日本水彩画会、日本彫刻会、
日本版画協会、日本美術院、白日会、美術文化協会、モダンアート協会


井上武 「都市の景」 油彩、カンヴァス 2014年 示現会
公募005

隅田川の駒形橋でしょうか。
太い描線による、ステンドグラスを思わせる都市風景です。

大津英敏 「少年時代」 油彩、カンヴァス 2013年 独立美術協会

公募006

江ノ島の海岸とバイクの模型を持った少年を一つの画面に入れています。
大津英敏さんは風景と大きな人物像を組合わせた作品をよく描いています。

小川尊一 「東雲」 油彩、カンヴァス 2012年 創元会
公募003

夜明けの空の青と黄色が女性の民族衣装に映っています。

福田須美 「時空に咲く」 油彩、カンヴァス 2014年 自由美術協会
公募002

柔らかな色彩で、中心への収斂と周りへの広がりがあります。

米倉泉 「Revelation 1501」 2015年 木版コラグラフ、紙 国画会
公募004

木々の奥から青い光が射しています。

西村大喜 「新芽」 2012年 白御影石
チラシに乗っている作品で、小さな新芽が大きく重く育っています。

村山哲 「かたりべ」 乾漆 2013年 日本彫刻会
公募007

殿上眉の女性の座る敷物をフクロウのような鳥が持ち上げていて、
乾漆の軽さを感じます。

日本画、洋画、水彩画のほか、版画、彫刻、工芸が揃っていて、
さまざまな作風の作品を楽しめる展覧会です。

2014年の「公募団体ベストセレクション 美術 2014」展の記事です。

展覧会のHPです。

関連記事

【2015/05/19 19:44】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2643-a118f7c5

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |