「生命大躍進 脊椎動物のたどった道」展 国立科学博物館
上野
chariot

上野の国立科学博物館では特別展、「生命大躍進 脊椎動物のたどった道」展が
開かれています。
会期は10月4日(日)までです。

生命001

生命002


約40億年前から進化を遂げてきた、地球の生命の歴史を、多くの貴重な実物化石とともに
解説する展覧会です。


「アノマロカリス」 カンブリア紀中期 約5億800万年前 
せIMG_0170

模型
せIMG_0172

眼を持っていて、カンブリア紀最大の動物とされています。
カンブリア紀に多様な生物が静物が爆発的に発生し、カンブリア爆発と呼ばれていますが、
原因の一つは眼の獲得ではないかとも言われています。

地球上の生命は何度も種の絶滅の危機に晒されています。
原因は隕石の衝突、火山の爆発、気候変動など、いろいろな説があります。
せIMG_0176

「ウミサソリ」 シルル紀後期
せIMG_0186せIMG_0187

オルドビス紀からペルム紀の海で繁栄した、史上最大の節足動物です。
長さが2mくらいあり、1枚の写真に納まりませんでした。

ダンクルオステウスに追われるウミサソリの模型
せIMG_0189


「ダンクルオステウス」(レプリカ) デボン紀後期
せIMG_0193

板皮類の魚類で、頭と胸は鎧のような板で覆われています。
体長は6~10mにもなると考えられています。

「コティロリンクス」(レプリカ) ペルム紀前期
せIMG_0220

大型の単弓類で、植物を食べていました。
単弓類は陸上に上がった脊椎動物の一種で、哺乳類の祖先ともなっています。

「ジュラマイア」 ジュラ紀
せIMG_0239

1億6000万年前に生息していた、ネズミのような小動物で、哺乳類の特徴である
胎盤を持っており、胎盤を持つ哺乳類(真獣類)としては世界最古と考えられています。

「ダーウィニウス・マシラエ 愛称「イーダ」」 4700万年前
せIMG_0260

初期霊長類の化石で、胃の内容物まで残っている、極めて保存状態の良い化石です。
ドイツのメッセルで発見されていて、「メッセルで発見されたダーウィンの動物」という意味です。

化石人類のコーナー
せIMG_0266


「猿人の足跡化石」(レプリカ) 360万年前
せIMG_0268

タンザニアのラエトリ遺跡に残っている、アウストラロピテクス・アファレンシス
(アファール猿人)が家族で歩いたと思われる足跡です。
24mも続く足跡で、現生人類と同じく直立歩行していて、3人が一緒に歩いています。
火山灰が降り積もった後に雨が降り、泥の状態になったところを歩いたので、
跡が残っています。
足跡の上を歩くことが出来ます。

2013年に同じ国立科学博物館で開かれていた、「グレートジャーニー 人類の旅」展にも
この足跡が展示されていました。

「グレートジャーニー 人類の旅」展の記事です。

ネアンデルタール人の模型
せIMG_0285

模型というより人形です。
ネアンデルタール人は旧石器時代にヨーロッパを中心に住んでいた旧人で、
絶滅しています。
最近、ネアンデルタール人の遺伝子が現生人類の中に少し入っているという
研究が発表されました。


ホモ・サピエンスの世界への広がり
せIMG_0290

アフリカを出発して世界中に散らばっています。

「縄文人」 5000万年前
せIMG_0288

岩手県大船渡市の縄文晩期の遺跡で発掘された頭骨です。
縄文人は現代日本人の祖先の一部をなしています。

NHKスペシャル、「生命大躍進」にも登場した、「いのちの樹」もあります。
生命の系統樹で、人間は右端に居ます。
せIMG_0292

グッズショップには220cm、300,000円のウミサソリが生息していました。
せIMG_0296

こちらはTシャツです。
せIMG_0299


大型4K映像の放映もあり、壮大な生命の歴史を一覧できる、とても面白い展覧会です。

私は日曜日の午前に行ってきましたが、すでにかなりの来館者で混雑していました。
ゆっくりご覧になるには平日に行かれることをお勧めします。

展覧会のHPです。

関連記事

【2015/07/17 20:20】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2708-b199a7b3

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |