「伝説の洋画家たち―二科100年展―」 東京都美術館
上野
chariot

上野の東京都美術館では、「伝説の洋画家たち―二科100年展―」が開かれています。
会期は9月6日(日)までです。
この後、大阪市と福岡市に巡回します。

二科会001


1914年(大正3年)に当時の文部省美術展覧会(文展)の運営に不満を持った
洋画家たちの一部が新しい公募展を発足させたのが二科会の始まりです。
当初、文展に対し、洋画部門を旧来の絵画と新しい傾向の絵画による二科に
分離するよう主張し、容れられなかったことが原因だったのが会の名前の由来です。

有島生馬・石井柏亭・梅原龍三郎・坂本繁二郎らが創立会員で、続いて熊谷守一
・正宗得三郎・安井曾太郎等らが参加しています。

第1章 草創期 1914-1919年

有島生馬 「鬼」 1914年 第1回展 東京都現代美術館
半身半獣でタンバリンを持った、サテュロスのような男がこちらを見ています。
赤の強い画面で、耳は尖り、悪魔的な雰囲気があります。
二科会発足にあたっての意気込みが感じられる絵です。

岸田劉生 「初夏の小路」 1917年 第4回展 下関市立美術館
二科007

病気療養のため鵠沼に滞在していた頃の作品です。
1915年の「道路と土手と塀(切通之写生)」と似た、奥に向かっていく構図です。

関根正二 「姉弟」 1918年 第5回展 福島県立美術館
二科013

近所にいた子守りの女の子をモデルにしたとのことで、単に情景を描いたものを
超える、何か訴えるものがあります。
関根の好んだ、生命力を感じる朱色が使われていますが、関根はこの翌年、
結核のため20歳で亡くなっています。


第2章 揺籃期 1920-1933年

小出楢重 「帽子をかぶった自画像」 1924年 第11回展 
 石橋財団ブリヂストン美術館

b009.jpg

フランスからの帰国後の作品で、フランスで買ったラッパと黒い帽子も一緒に
描かれています。
1923年の関東大震災で東京が大きな被害を受けたので、大阪にいる自分たちが
頑張らねばと大阪に信濃橋洋画研究所を設立した頃で、小出の絶頂期にあたり、
のびのびと自信に満ちています。

東郷青児 「ピエロ」 1926年 第15回展 
東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館

二科011

フランス留学中の作品で、ピカソの影響を受けて画題にピエロやサルタンバンクを
選んでいます。
キュビズムに拠っていますが、後の東郷青児の特徴の柔らかな抒情性が表れています。

佐伯祐三 「新聞屋」 1927年 第15回展 個人蔵
二科004

文字を絵に取り入れて描くのは佐伯祐三の特徴で、店に置かれた新聞や雑誌の文字が
細かく描き込まれています。
この作品を描いた翌年の1928年に佐伯はフランスで亡くなり、遺作として第15回展に
出展されています。

古賀春江 「素朴な月夜」 1929年 第16回展 石橋財団石橋美術館
二科012

静物と風景を貼り合わせたような不思議な画面で、月、落ちる飛行機、フクロウ、
蝶、犬なども描かれていて饒舌な感じがします。
古賀春江は日本のシュルレアリスム画家として知られています。

鈴木信太郎 「象と見物人」 1930年 第17回展 一般財団法人そごう美術美術館
二科003

大きな作品で、奈良公園でのサーカスの興行を描いています。
上からと横からの視点が一緒になっていて、賑やかで祝祭的な気分にあふれ、
サーカスの持つ憂愁めいたものはありません。

坂本繁二郎 「放牧三馬」 1932年 第19回展 石橋財団石橋美術館
二科008

坂本繁二郎は1924年にフランス留学から帰ると郷里の久留米に戻り、
以後は九州で制作を続けました。
阿蘇や雲仙で放牧されている馬をよく描いています。
色数は抑えられ、それぞれの色が溶け合って、柔らかな色調になっています。

東郷青児 「超現実派の散歩」 1929年 第16回展
 東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館

東郷008

1928年に帰国した翌年に出品した作品で、東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館の
ロゴマークにもなっています。
不思議な絵で、左手に黒い手袋、右足に黒いブーツの裸の女性が月を掴まえようと
するかのように空中を浮遊しています。
この時期だけの珍しい作風で、以後はシュルレアリスムから離れ、いわゆる後の
東郷青児らしい作風に変わっていきます。


第3章 発展、そして解散 1934-1944年

藤田嗣治 「メキシコに於けるマドレーヌ」 1934年 第21回展 京都国立近代美術館
二科010

パリで評判の画家となった藤田は1931年に個展開催のため、4番目の妻の
マドレーヌと一緒にアメリカ大陸に渡っています。
1933年に帰国した後の作品で、背景にメキシコを表すサボテンが描かれています。
白い肌や服に赤が散りばめられて、華のある作品です。
マドレーヌは1936年に日本で急逝しています。

安井曾太郎 「玉蟲先生像」 1934年 第21回展 東北大学資料館
安井11-1-2009_004

仙台の旧制第二高等学校校長だった玉蟲一郎一の肖像です。
モデルを写生している時の写真を見ると、玉蟲先生は謹直な姿勢で、
上体をやや前に乗り出すようにして正座しています。
それが、完成した作品では、大きく右に傾いた姿勢で、かなりデフォルメされています。
この作品によって、安井曾太郎は肖像画家としての評判も高めたそうです。

安井曾太郎の二科への出品はこれが最後で、1935年に帝国美術院会員に
選任されたため、同じく会員となった有島生馬・石井柏亭・山下新太郎らとともに
在野団体である二科会から脱退し、翌年に一水会を結成しています。

その後、太平洋戦争の激化により、二科会も1944年に解散しています。

第4章 再興期 1945-2015年

解散した二科会は戦後、東郷青児たちによって再興されます。

織田廣喜 「黒装」 1946年 第31回展 福岡市美術館
二科014

1945年の終戦により、今まで描けなかった洋装の女性を自由に描けるように
なった時の作品です。
後の織田廣喜の作品に比べると、まだ暗く重い色調です。
織田廣喜は晩年、二科会の理事長を務めています。

岡本太郎 「重工業」 1949年 第34回展 川崎市岡本太郎美術館
二科009

戦後の工業の復興に触発されたような作品で、勢いよく火花が飛び散っています。
ネギの束が描かれているのは農業との対比でしょうか。


展覧会では他に村山槐多・萬鉄五郎・中川一政・林武・長谷川利行・児島善三郎・
野間仁根・国吉康雄・向井潤吉・宮本三郎・松本竣介・北川民次など多数の
画家・彫刻家の作品が展示されていて、関係した作家たちの多彩さには驚きます。
文展からの離脱以来の在野の芸術団体としての厚みと、芸術の新しい動向を
取り入れて来た作家たちの意気込みと、ある種のやんちゃさを感じます。

展覧会のHPです。

関連記事

【2015/08/24 19:48】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • こんにちは。
  • 100年続いている美術団体だけあって、これだけの画家が揃っているのを観ると壮観です。
    画風もさまざまで、いかにも奮闘してきたという感じです。
    マティスやザッキンも出展していたとは知りませんでした。

    【2015/08/26 06:46】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • 二科会の歴史
  • 私も先週見てきました。文展に続く洋画の二科が認められず、独立してその名前で100回続けたとは、有力画家の努力に脱帽です。見ててマティスの絵やルノワールの影響が強い絵も発見でき新鮮でした。今秋の100回記念が楽しみですね。

    【2015/08/25 22:41】 url[あかーる #X037UcDo] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2752-ffed1db3

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    東京のビルの多い街で暮らしています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |