「内田正泰 はり絵の世界展」 丸善丸の内本店 2015/9
東京
chariot

丸の内オアゾ内の丸善丸の内本店4階ギャラリーでは、
「内田正泰 はり絵の世界展」が9月22日(火・祝)まで開かれています。

内田正泰さん(1922~)は93歳の現在も、多彩な色紙を使ったはり絵の技法によって、
懐かしい日本の四季の風景を詩情豊かに描き出しています。

今回は、はり絵画文集、「光と風の詩・季節の彩り」出版記念の展覧会で、
新作のはり絵の原画と版画など約90点が展示されています。

「鎮守の杜 夏」
内田002

春夏秋冬を描いた4点のうちの夏の景で、入道雲が湧いています。

「鎮守の杜 秋」
内田7-8-2010_002

春夏秋冬の4点のうちの秋です。
夕焼けの赤色が鮮やかで、畑には白い煙が見えます。

「とまれ鱗雲」
内田001

富士山より高い鱗雲が夕焼け空を流れて行きます。


2013年に丸善丸の内本店で開かれた、「内田正泰展」の記事です。

関連記事

【2015/09/18 21:32】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2781-e6ce3ed1

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |