「ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展」予告 パナソニック汐留ミュージアム
新橋・汐留
chariot

新橋のパナソニック汐留ミュージアムでは、10月29日(木)から12月20日(日)まで、
「ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展」が開かれます。

ゴーギャン001


19世紀の末にフランス、ブルターニュ半島のポン=タヴァンにはポール・ゴーギャンが
滞在し、エミール・ベルナールたちと「総合主義」という方式を生み出しています。
また、ポール・セリュジエはゴーギャンの指導を受け、モーリス・ドニたちによるナビ派の
結成のきっかけとなっています。

このポン=タヴァンの画家たちの作品73点を展示する展覧会です。

展覧会の公式サイトURLです。

関連記事

【2015/10/24 19:09】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2822-3f913156

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |