「それぞれのじかん 佐藤泰生展 油彩画とガラス絵」 銀座日動画廊
銀座
chariot

銀座の日動画廊では11月18日(水)まで、「それぞれのじかん 佐藤泰生展 
油彩画とガラス絵」が開かれています。

佐藤泰生さん(1945~)が海外で取材した作品も含め、油彩画約40点、
ガラス絵の小品約40点の展示です。

外国や湘南の風景、サーカスや水族館、カフェなど、題材はさまざまです。
自由でのびのびとした筆遣いと明快な色彩によって、それぞれの楽しい時間が
描き出されています。

「サーカス 炎と象と女」
佐藤001

調教師やピエロ、火の輪くぐりなど、サーカスの昂揚感が表れています。
炎に照らされて鼻が黄色になった象は面白い形をしています。

「竜宮の使い」
佐藤IMG_0228

今年の「第79回 新制作展」に出品されていたときに撮った写真です。
水族館の中の、人と魚が一体になった情景です。

「水 男と女」 ガラス絵 10×8.9㎝
佐藤002

小さなガラス絵で、色彩が一層輝いています。

11月14日(土)午後3時からは佐藤さんのギャラリートーク、「ガラス絵について」も開かれます。

2011年に同じ日動画廊で開かれた、「佐藤泰生の新しい世界展」の記事です。

関連記事

【2015/11/12 20:30】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2837-c8f8d5f1

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |