「パリ・リトグラフ工房idemから-現代アーティスト20人の叫びと囁き」展  東京ステーションギャラリー
東京
chariot

東京駅の東京ステーションギャラリーでは、「君が叫んだその場所こそがほんとの世界の
真ん中なのだ。パリ・リトグラフ工房idemから-現代アーティスト20人の叫びと囁き」展が
開かれています。
会期は2016年2月7日(日)まで、入館料は一般1000円です。

idem001.jpg


パリのモンパルナスにあるリトグラフの工房、「idem(イデム)」で制作された20人の
アーティストの作品、約130点が展示されています。

この展覧会は、原田マハさんの最新の小説「ロマンシエ」と連動する企画でもあります。
「ロマンシエ」では、パリに渡った主人公がidemを通じてさまざまな人たちに出会い、
ここで制作された作品による展覧会が日本で開かれるまでが描かれているそうです。

出展作家は以下の通りです。

ジャン=ミシェル・アルベロラ、キャロル・ベンザケン、フィリップ・コニェ、ダミアン・ドゥルベ、JR、
ウィリアム・ケントリッジ、ピエール・ラ・ポリス、李禹煥、デヴィッド・リンチ、ポール・マッカーシー、
南川史門、森山大道、プリュンヌ・ヌーリー、岡部昌生、フランソワーズ・ペトロヴィッチ、
レイモンド・ペティボン、辰野登恵子、バルテレミー・トグォ、グザヴィエ・ヴェイヤン、やなぎみわ

ピエール・ラ・ポリス 「夜に光る君の巨大なステッカーVI」 2007年
idem002.jpg
 
マンガ風の作風です。

デヴィッド・リンチ 「頭の修理」 2010年
idem003.jpg

映画監督でもあるデヴィッド・リンチの作品、15点が展示されています。
荒廃した、不穏な空気の作品群です。

やなぎみわ 「無題II」 2015年
idem004.jpg

荒々しさがあり、リトグラフらしいタッチです。


さまざまな作風の作品が揃った、刺激のある展覧会です。

展覧会のHPです。

関連記事

【2015/12/15 19:55】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • こんばんは。
  • 個性的な作品揃いで、面白い展覧会でした。
    画像は、チラシに載っている写真を使いました。
    ステーションギャラリーの展覧会はポストカードが無いので、いつもチラシを使ってブログにまとめています。

    【2015/12/22 23:20】 url[chariot #yp0C3L4w] [ 編集]
  • chariotさん☆

    この記事を先日読ませて頂いて、
    すごく気になってたので、今日行ってきました^^;
    リトグラフ、面白かったですね!
    作品画像をブログの中にアップしたかったのに、
    作品のポストカードがショップに置いてなかったのが残念でした・・・--;
    chariotさんのブログに掲載されてる画像は、
    どこかから借りてこられたものでしょうか???

    【2015/12/22 23:00】 url[慧喜 #-] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2870-053ff950

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    東京のビルの多い街で暮らしています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |