「佐藤忠展 Red Game~赤の記憶~」 日本橋髙島屋
日本橋
chariot

日本橋髙島屋美術画廊Xでは「佐藤忠展 Red Game~赤の記憶~」が開かれています。
会期は2月29日(月)までです。

佐藤001


佐藤忠さん(1966~)は神奈川県出身の金属工芸家です。
2008年には文化庁新進芸術家海外留学制度研修員としてドイツに留学しています。 
今回は、ステンレスの大小のリングを溶接でつなぎ合わせた造形の展示です。

「Cell」 2015年
佐藤002

高さ50㎝で、人の姿をかたどってあります。
リングも変形させて、体の曲線をうまく表しています。
会場に居られた佐藤さんによれば、木で型を作り、それに合わせて
造形しているので、制作にはとても時間がかかるそうです。
生命を感じさせる赤い輪はスポンジです。
泡が湧き立って人の形になったようにも見えて、涼やかで、
ちょっと儚げでもあります。

左「Fllower」 右「Cross」 2015年
佐藤003

幾何学模様をつくってあります。

関連記事

【2016/02/16 19:12】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2924-792aaada

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |