「真葛香山展」 日本橋三越本店
三越前
chariot

日本橋三越本店では、「真葛香山展」が開かれています。
会期は2月29日(月)まで、入場料は一般800円です。

真葛001


鎌倉と岡山にある吉兆庵美術館の所蔵する、横浜真葛焼の初代、二代、三代の作品
約120点が展示されています。

横浜真葛焼は京都の陶工、初代宮川香山(真葛香山)《1842(天保13)年
~1916(大正5)年》が横浜で窯を開いた、輸出用の陶磁器に始まります。
最初は海外で評判の良かった金彩を使う薩摩焼風の陶器を作っていましたが、
金彩は費用がかかるため、独自の技法として、立体的な動物や植物を
器の表面に貼り付ける高浮彫を開発します。
1876(明治9)年のフィラデルフィア万博で評判となり、これを機に海外での人気が
高まります。

「真葛窯変釉蟹彫刻壺花活」 初代宮川香山
真葛006

東京国立博物館所蔵の自身の代表作、「褐釉蟹貼付台付鉢」(明治14年、重要文化財)を
写した作品です。

釉をざっと掛けた楕円形の大きな高取焼の器に2匹の渡り蟹が取り付いています。
形も色彩もリアルで、豪快さと高度な技術を見せています。

やがて、初代香山は技術的達成感を得たことと、外国人が濃厚な高浮彫の
作風に飽きて、日本本来の趣向である清楚淡白な作品を好むようになって
きたため、更に新しい技法に取り組みます。

研究したのは清朝の磁器で、新しい釉薬や釉法を開発します。

そして、絵付けした下絵に透明な釉薬を上掛けし、高温で焼成する、釉下彩の
技法による作品を制作します。
これにより、作品も陶器から磁器に変わります。

「黄釉染付桑に群鳥の図」 初代宮川香山
真葛005

淡く自然な色彩を釉薬を使って出すことに成功しています。

初代香山はさまざまな意匠、技法の作品も手掛けています。

「古清水意真葛窯水指」 初代宮川香山
真葛007

茎や葉が透かし彫りになっている精巧な作りです。

「倣仁清意雉子香炉」 初代宮川香山
真葛008

京焼出身の初代香山は仁清や乾山に倣った作品も手掛けています。

「極彩色孔雀香炉」 三代宮川香山
真葛009

初代の作の写しで、これも仁清に倣っていますが、華やかな意匠です。

「應好仁清意亀舞置物」 宮川香山
真葛003

能の「鶴亀」で亀の舞う姿を表しています。
亀を載せた冠を被り、亀甲花菱文の舞衣を着ています。

「乾山意松竹梅大壷」 宮川香山
真葛004

高さ48㎝の大きな壷で、会場では唐桃が活けてありました。

他に動物意匠の香炉、青磁、染付、御所人形などさまざまな作品が展示されています。


初代香山が築き上げた横浜眞葛焼ですが、太平洋戦争末期の横浜大空襲に遭って
三代目が戦災死し、工房も消失して、再興出来ずに絶えています。


2011年に神奈川県立歴史博物館で開かれた、特別陳列、「鎌倉彫と眞葛焼」の記事です。
高浮彫の作品が幾つも展示されていました。

横浜駅近くには、「宮川香山 眞葛ミュージアム」があります。
場所は神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館の1階です。
小さな美術館ですが、高浮彫や釉下彩の作品が展示されています。

眞葛ミュージアムのHPです。

関連記事

【2016/02/22 19:13】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(5) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • こんばんは。
  • ルネッサンスの画家たちにしても客の注文で描いていたし、上村松園は自分のことを画家ではなく絵師と言っていたそうです。
    なまじ芸術家と意識しない方が良い物が造れるのかもしれません。

    【2016/02/27 20:29】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • かざみじゃがざみじゃ
  •  凄いですね、本物みたいです。こういうのって幾ら位するものなんでしょうな。彫金でも本物そっくりな芸術品を作った昔の方が居ましたが、彼らは芸術家じゃなくて皆職人なんですよね。モーツァルトも音楽芸術家じゃなくて音楽職人でした。芸術家が芸術性で負けてるっていうのは何なんでしょうな。

    【2016/02/27 14:09】 url[miss.key #eRuZ.D2c] [ 編集]
  • 右京です。
    リンクの件、有難うございました!

    【2016/02/23 17:35】 url[右京 #-] [ 編集]
  • 右京さん、こんにちは。
  • ご訪問いただき、有難うございます。
    リンクの件、OKです。

    【2016/02/23 07:02】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • はじめまして、右京と申します。
    いつも楽しみに拝見しております。
    リンクさせていただいても、構いませんでしょうか?

    【2016/02/22 21:14】 url[右京 #-] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2932-d118d37a

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    東京のビルの多い街で暮らしています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |