「FACE展 2016 損保ジャパン日本興亜美術賞展」 新宿 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
新宿
chariot

新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館では、「FACE展 2016 
損保ジャパン日本興亜美術賞展」が開かれています。
会期は3月27日(日)までです。

FACE001_201602231114093f3.jpg


FACE展は損保ジャパン美術財団の公益財団法人への移行を期に創設された
公募コンクールで、会場には受賞作品9点を含む入選作品71点が展示されています。
会期中、観覧者投票による「オーディエンス賞」の選出も行われます。
会場は撮影可能です。

最初の部屋に受賞作品が展示されています。

FIMG_0270.jpg


遠藤美香 「水仙」 木版画 グランプリ
FACE002.jpg

縦182㎝の大きな画面に水仙や服の模様がびっしりと彫られています。

唐仁原 希 「それでも僕は。」 油彩・キャンバス 優秀賞
FACE003.jpg

フランス・ルネサンスのフォンテーヌブロー派のような趣きがあります。
テーブルにミルキーが置いてあります。

秋山淳 「降り積もるもの」 日本画・麻紙 審査員特別賞
FACE008.jpg

繊細な画風で、服の裾模様が紅葉に変わり、人物と自然が一体になっています。

大石勝子 「夢物語(螢の森)」 油彩・キャンバス
FIMG_0279.jpg
 
夏の川辺は曼荼羅のようににぎやかです。
お坊さんも提灯を持って歩いています。

大川心平 「勇敢な馬」 油彩・キャンバス
FIMG_0301.jpg

古い建物を不釣合いに大きい花がおおっています。
濃密な色彩で、ノスタルジーも感じます。
シュルレアリスムも見慣れると違和感無く楽しめます。
私は「オーディエンス賞」にこの作品を選びました。

畑林和貴 「あかと朝凪」 油彩・パネル
FIMG_0288.jpg

活き活きとした質感です。


2015年の 「FACE展 2015」の記事です。

展覧会のHPです。


次回の展覧会は「フランスの風景 樹をめぐる物語」展です。
会期は4月16日(土)~6月26日(日)です。

樹001

関連記事
スポンサーサイト

【2016/03/15 19:46】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2934-7a8f8a50

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |