「国吉康雄展」 横浜 そごう美術館
横浜
chariot

横浜のそごう美術館では、「国吉康雄展」が開かれています。
会期は7月10日(日)までです。

国吉0


国吉康雄(1889 - 1953)は岡山県の出身で、活躍の場を求めて1906年にアメリカに渡り、
そこで絵画を習得し、後にアメリカを代表する
画家になっています。

初期の、素朴でノスタルジーを感じる作品から、憂愁を帯びた女性像、さらに不穏で幻想的な
作品に至るまで、約50点の作品が展示されています。

戦時中に、アメリカの戦時情報局の注文で描いた、対日宣伝のポスターの原画も
展示されています。
国吉は戦時中もアメリカ政府に協力し、アメリカ市民権の獲得を願っていましたが、
日米関係の悪化もあって、結局は果たされずに終わっています。
フランスで人気画家だった藤田嗣治が戦時中は帰国して、日本のために戦争画を描き、
戦後はフランスに帰化したことを思い出します。

「安眠を妨げる夢」(部分) 1948年
国吉1

戦後しばらくしての作品で、サーカスを題材にしていますが、不安な気分が漂っています。

展覧会の副題の「Little Girl Run For Your Life(少女よ、お前の命のために走れ)」は
チラシに載っている、大きな虫の描かれた不気味な絵(1946年)の題名です。
晩年の国吉の作品は題名も難解なものがあり、国吉の置かれた状況を反映している
ようにも思えます。

展覧会のHPです。

関連記事

【2016/07/03 18:54】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3028-60fa2d55

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |