「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」 江戸東京博物館
両国
chariot

江戸東京博物館では、「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」が開かれています。
会期は8月28日(日)までです。
会期中、細かい展示替えがあるので、展覧会のHPを参照ください。

妖怪0


「付喪神図(つくもがみず)」 伊藤若冲 江戸時代・18世紀 福岡市博物館
妖怪1_1

妖怪2_1

付喪神とは、長く使われてきた器物に精霊が宿ったものです。
燭台、琵琶、桶、茶碗などの妖怪が、黑い背景の中にネガフィルムのように
浮かんでいます。

「天狗図」(部分) 葛飾北斎 江戸時代・19世紀 個人蔵
妖怪1

7月31日までの展示です。
肉筆画で、蜘蛛の巣に引っかかりそうな紅葉を天狗が団扇で掬い取ろうとしています。
動きのある画面で、蜘蛛の巣は地の白を残して描いています。

「妖怪図」 高井鴻山 江戸時代・19世紀 個人蔵
妖怪0_1

7月31日までの展示です。
何とも異様で、ちょっと可愛らしいところのある妖怪です。
高井鴻山(1806-1883)は長野県小布施の豪商で、晩年の葛飾北斎を小布施に招き、
絵も習っています。

「稲生物怪録絵巻」(部分) 江戸時代・万延元年(1860) 
 個人蔵(三次市教育委員会寄託)

妖怪2

稲生物怪録は、備後三次藩士、稲生武太夫が少年時代に体験した妖怪のお話で、
30日間さまざまな妖怪が平太郎(武太夫の幼名)の前に現れますが、平太郎は
まったく怖がることなく、最後には妖怪の頭目に褒められています。
現れた妖怪に平太郎は迷惑そうな顔をしていて、床の間の掛軸は円山応挙風の仔犬図です。

「化け物の夢」 喜多川歌麿 江戸時代・寛政期 国立歴史民俗博物館
妖005

8月16日からの展示です。
昼寝で怖い夢を見た子どもを母親が蚊帳をめくって起こしています。
追い出された妖怪たちは口惜しがって、夜に母親の夢に出て怖がらせてやろうと
言っています。

「付喪神絵巻(つくもがみえまき)」 室町時代・16世紀 岐阜市・崇福寺
伽008

伽014

節分の煤払いで不用品として捨てられた、燭台、臼、壷などの古道具類が、
長年のご奉公が報いられなかったと恨んで、人間に復讐しようと妖怪になる
お話です。
船岡山の奥の長坂に棲み付いた妖怪たちですが、護法童子に退治され、
最後は数珠の一蓮の導きで東寺の真言の教えに入門し、成仏を遂げます。
モノに対する日本人の感性をよく表した絵巻です。
元は東寺の宝輪院に伝来していました。

「百鬼夜行絵巻(ひゃっきやぎょうえまき)」(部分) 
 室町時代・16世紀 伝土佐光吉 京都・真珠庵 重要文化財

妖怪5

妖怪7-12-2016_007

8月2日からの展示です。
仏事の道具や生活の道具が妖怪となって深夜の京都の町を練り歩いている図です。
「百鬼夜行」を描いた作品の中で最古とされる有名な絵巻で、「付喪神絵巻」と
関連があるようです。
日本の妖怪たちにはどこか微笑ましいところがあり、観ていて楽しくなってしまう
絵巻です。
7月31日までは大屋書房所蔵の「百鬼夜行絵巻」が展示されています。
真珠庵所蔵の絵巻とは妖怪の並び方が違っています。

「土蜘蛛草紙絵巻」(部分) 鎌倉時代・14世紀 東京国立博物館 重要文化財
妖怪4

源頼光と家来の渡辺綱と共に神楽岡に棲む土蜘蛛を退治するというお話です。
頼光たちが首を斬ると無数の人の頭や小蜘蛛が現れているところです。

「辟邪絵 神虫(へきじゃえ しんちゅう)」(部分) 
 平安~鎌倉時代・12世紀 奈良国立博物館 国宝

妖怪3

7月31日までの展示です。
辟邪絵は邪を避ける効力のある物を集めた絵のことです。
神虫は南方の山中にあって、もろもろの虎鬼を食すとあり、人に害を為す鬼を
食べてくれる、ありがたい虫です。
鬼を捕まえ、赤い血にまみれながら、むさぼり食っています。
後白河法皇周辺で制作され、元は蓮華王院(三十三間堂)に保管されていたという
伝承があります。
「辟邪絵」は実業家の益田孝(鈍翁)の所蔵でしたが、戦後に5つに切断され、
掛軸になっています。


会場の最後には縄文時代の土偶と妖怪ウォッチの人形も展示されています。
精霊を異形のものとして表現した縄文人の心は、後に豊かな妖怪の世界を
生み出していったようです。

人気のある展覧会で、休日の午後にはかなり混雑していました。

展覧会のHPです。


次回の特別展は、「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」です。
会期は9月13日(火)から11月06日(日)までです。

関連記事
スポンサーサイト

【2016/07/16 20:14】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3033-a095326f

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |