「観音の里の祈りとくらし展Ⅱ-びわ湖・長浜のホトケたち-」 東京藝術大学大学美術館
上野
chariot

上野の東京藝術大学大学美術館では、「観音の里の祈りとくらし展Ⅱ
-びわ湖・長浜のホトケたち-」が開かれています。
会期は8月7日(日)までです。
2014年に開かれた、「観音の里の祈りとくらし展」に続く企画です。

観音001


滋賀県北部の長浜を中心とした湖北地方には130以上の観音菩薩像が伝わっています。
平安時代に栄えた寺院群がやがて衰え、廃絶した後も湖北地方では中世以降の
自治組織である惣村が戦国時代の戦乱の中にあってもこれらの彫刻を守り伝え、
今日に至っています。

展覧会ではこれらの平安時代を中心にした観音菩薩像や阿弥陀如来像など、
約40体が出展されています。

「伝千手観音立像」 平安時代(9世紀) 観音寺 長浜市木之本町黒田 重要文化財
チラシに載っている観音像です。
像高200.0cmの一木造りの堂々とした像で、平安初期の作です。
千手観音とされていますが、腕が18本であることなどから准胝観音
(じゅんていかんのん)ではないかとのことです。
現在は小さなお堂に安置されています。

「十一面観音立像」 平安時代(9世紀) 
 医王寺 長浜市木之本町大見 重要文化財

観音1

像高145.4cmのクスノキの一木造りで、優しいお姿をしています。
明治20年頃に長浜の古物商から購入した仏像で、明治初めの廃仏毀釈運動の頃に
流出したものではないかとのことです。
現在は無住のお寺に祀られています。

「千手千足観音立像」 江戸時代(17~18世紀) 正妙寺 長浜市高月町西野
観音2

像高42.1cmあり、憤怒の相を浮かべ、千手千足という他に例の無い珍しい姿をしていて、
何だか百足のようにも見えます。
阿曾津の土豪、阿曾津秀道の妻の守護仏で、平安時代の作ともされていますが、
江戸時代に金泥を塗って補修しています。

「伝薬師如来立像」 平安時代(10世紀) 
 充満寺(西野薬師堂安置) 長浜市高月町西野 重要文化財

観音0

像高159.4cmのケヤキの一木造りで、阿弥陀来迎印を結んでいますが、
手先は後補なので、当初の尊名は不詳とのことです。

「愛染明王坐像」 鎌倉時代(13世紀) 舎那院 長浜市宮前町 重要文化財
観音4

像高49.4cmのカヤの一木造りで、憤怒の相を浮かべています。
舎那院の秘仏本尊で、昭和45年頃までは厳重な秘仏だったそうです。

「光明本尊」 室町時代(15世紀) 
 法光寺 長浜市高月町磯野 長浜市指定文化財

観音3

縦160.8㎝、横96.1cmの大きな掛軸で、南無不可思議光如来と書かれた名号から
36条の光明が放たれ、釈迦と阿弥陀の二尊、天竺(インド)・震旦(チベット)の高僧、
聖徳太子、各寺の開基などが描かれています。
おもに浄土真宗佛光寺派に伝わる図像形式です。

「弁才天坐像」 室町時代(弘治3年・1557)
 (竹生島) 宝厳寺 長浜市早崎町 長浜市指定文化財

観音7-18-2016_006

像高38.5cmあり、ヒノキを前後2材にして造っています。
坂田郡平方庄(現・長浜市平方町)の仏師重清の作です。
こちらの弁才天は江の島、厳島とともに日本三大弁才天の一つです。

中世の惣村の様子を表した、琵琶湖北岸の菅浦に伝わる文書類(重要文化財)も
展示されています。
自検断(村が自ら裁判や刑の執行を行なうこと)がなされていたことも示す、
貴重な資料です。


自分ではなかなか見に行くことも出来ない所に祀られた、さまざまの観音像、
阿弥陀像などが揃った、とても見応えのある展覧会です。

今後、さらに過疎化の進むと思われる地域で、これらの諸仏をどう守り伝えて行くのか
気に掛かります。

展覧会のHPです。

2014年に東京藝術大学大学美術館で開かれた「観音の里の祈りとくらし展
-びわ湖・長浜のホトケたち-」の記事
です。

関連記事
スポンサーサイト

【2016/07/19 19:53】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • こんばんは。
  • 日本でも昔は極彩色だったのが、古びてくるとそれの方が有り難いと思うようになったというのは面白い話です。
    日本人の心に古代からある、樹木への信仰が元になっているのかも知れません。
    西洋美術館前はポケモンGOをやる人も集まって、かなりの人出になっています。
    何しろ便利な場所にありますから、しばらくこの人出は続きそうです。
    都美術館の伊藤若冲の展覧会も大変な行列でしたし、乗りやすいところがあるのでしょう。

    【2016/07/24 18:49】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • しぶい
  •  仏様って渋いですなぁ。苦みばしった魅力が良い。でも実はそれは時間が作り出したものでありまして、元はと言えばけばけばしい極彩色。中国文化の影響ですかね、正直いただけない。芸術とは時間が生み出す物なのかも。
     話が変りますが、国立西洋美術館でしたっけ、世界遺産登録されたの。そしたら突然客が激増したとか。そういう人達ってなんか勘違いしてませんかね。芸術を愛でるというより単に権威を見に行ってる感じがしてならんのですよ。でもって世界遺産も最近どんどん格落ちしてる気がします。記念切手と同じで乱発すればありがたみも無くなろうものを。

    【2016/07/24 06:34】 url[miss.key #eRuZ.D2c] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3036-fb65b07e

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    東京のビルの多い街で暮らしています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |