「ナニデデキテルノ?」 東京国立近代美術館工芸館
竹橋
chariot

竹橋の東京国立近代美術館工芸館では所蔵作品展、「ナニデデキテルノ?」が開かれています。
会期は9月8日(木)までです。

工芸0


こどもプログラム、こども+おとなプログラム、おとなプログラムが用意され、
所蔵作品をいろいろな視点で楽しむことが出来ます。
詳しくは展覧会のHPをご覧下さい。

喜多川俵二 「顕紋紗二陪織物夏袿りんどう花菱丸文」 2012年
チラシに使われている作品です。
平安朝の文様が織り出されています。

芥川芳秀 「替蓋付赤銅虫形香合」 1962年
工芸1

テントウムシのような可愛い形をしています。

展覧会のHPです。

関連記事

【2016/09/01 19:55】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3066-723585d2

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |