「第80回 新制作展」 国立新美術館
乃木坂
chariot

六本木の国立新美術館では、「第80回 新制作展」が開かれています。
会期は9月26日(月)までで、火曜日は休館日です。

新制作協会は1936年設立の美術団体で、現在は絵画部、彫刻部、
スペースデザイン部があります。

絵画部の作品を観てきました。

河村優文 「理科室」
新制作3

河村さんの理科室シリーズ、今年は抽象性が増しています。

田村研一 「無敵艦隊決起ス」
新制作1

やんちゃで壮大な景色です。

鶴山好一 「地下鉄の入口」
新制作0

ドライでざらついた街角です。

野村昭雄 「たちあおい」
新制作9-18-2016_005

厚みのある色彩で夏の花が咲き誇っています。

渡辺久子 「ローズガーデン」
新制作2

さわやかな風が薔薇の花になって吹き込んでいます。

阿部洋子 「帰り道1」
新IMG_0299

ノスタルジックな風景を写実的に描いています。

石川由子 「夕暮れ」
新IMG_0297

犬も2階の窓から覗いている、製材所あたりの景色です。

森弘江 「斜光 II」
新IMG_0301

光が形をつくっています。 

近藤オリガ 「羊飼いの少年」
新IMG_0294

仕事を休んで寝ています。

近藤さんの作品は、今年、新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開かれていた
「絵画のゆくえ2016 FACE受賞作家展」にも何点か展示されていました。

「絵画のゆくえ2016 FACE受賞作家展」の記事です。


2015年の「第79回 新制作展」の記事です。

関連記事
スポンサーサイト

【2016/09/20 19:30】 美術館・博物館 | トラックバック(1) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3094-50cb5183

blog_name=【dezire_photo & art】 ♥   ダリ展理解のために・夢とは遊びの世界を描いたシュルレアリスムの魅力
 
シュルレアリスムSurrealisme exhibition -Paris Pompidou Centre possession work exhibition 2011年、六本木の国立新美術館でパリ・ポンピドゥセンター所蔵の傑作が来日しシュールリアリズム美術の全貌を見ることができました。2016年ダリ回顧展を鑑賞していくうえで。シュールリアリズム美術の理解が不可欠と考え、「シュルレアリスム...
【2016/10/11 18:51】

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |