「時代映す仮名のかたち」展 出光美術館
日比谷・有楽町
chariot

日比谷の出光美術館では、「時代映す仮名のかたち」展が開かれています。
会期は12月18日(日)までです。

仮名0


平安、鎌倉、南北朝、室町時代と続く仮名書きの書様の変化を、約80点の作品で
たどる展覧会です。

「高野切第一種」 伝紀貫之筆 平安時代 出光美術館 重要文化財
古005

「高野切」は現存する古今和歌集最古の歌集で、一部が高野山に伝来したので、
この名が付いています。

 寛平のおほんときのきさいのみやの
 うたあわせのうた
           よみひとしらす
 うめかかをそてにうつしてととめては
 はるはすくともかたみならまし

           そせい
 ちるとみてあるへきものをむめのはな
 うたてにほひのそてにとまれる

   たいしらす   よみひとしらす
 ちりぬともかをたにのこせむめのはな
 こひしきときのおもひいてにせむ

   ひとのいへにうゑたり
   けるさくらのはなさき
   はしめたるをよめる
             つらゆき
 ことしよりはるしりそむるさくらはな
 ちるてふことはならはさらなむ
 
寛平御時后宮歌合は寛平年間(889~893)に宇多天皇の母后班子の催した
歌合せです。

「高野切第三種」 古筆手鑑「見努世友」(国宝)の内 
 伝紀貫之筆 平安時代 出光美術館

仮名1

よみひとしらす
おもへともなおうとまれぬはるかすみ
かからぬやまのあらしとおもへは

たひらのさたふみ
はるののしけきくさはのつまこひに
とひたつきしのほろろとそなく

「表制集紙背仮名消息」 巻四 藤原為房妻筆 平安時代
仮名2

藤原為房(1049~1115)の妻が、稚児として比叡山に登った我が子に送った手紙です。
優美な書体であちこちに自由に書かれた散らし書きです。
紙背に表制集が書写されていることからこの名があります。
表制集とは不空三蔵表制集のことで、唐の僧・不空三蔵(705~774)が皇帝に奉った「表」と、
それに対する皇帝の詔「制」を集めてあり、当時の真言密教の様子の分かる資料です。

古筆手鑑  「見努世友」 奈良時代~室町時代 出光美術館 国宝 
古004

全部で229葉、聖武天皇に始まり、光明皇后、後鳥羽天皇、後醍醐天皇、藤原俊成・定家、
平清盛・忠度、源頼朝・実朝、新田義貞など歴史上の著名人のオンパレードです。
当時の古筆鑑定は、書風から書かれた時代を推測し、その時代の代表的人物の筆と
特定するという方法なので、このような華麗な構成になるようです。
「見努世友」は兼好法師の徒然草の一文、「ひとり燈のもとに文をひろげて見ぬ世の人を
友とするぞこよなう慰むわざなる。」に拠っています。

「梁塵秘抄切」 伝寂蓮筆 平安時代末期
りう女はほとけになりにけり
なとかわれらもならさらむ
五障のくもこそあつからめ
如来月輪かくされし

梁塵秘抄の巻第二・法文歌・二〇八番の歌です。
法華経提婆達多品にある、竜女の成仏が叶ったという物語に拠っています。
切なさと、ちょっとふてぶてしさのある歌謡です。

「熊野懐紙」 後鳥羽上皇筆 正治2年(1200) 京都国立博物館 重要文化財
仮名3

熊野懐紙は、熊野三山への参詣を頻繁に行なった後鳥羽上皇がその途中で催した
歌会の歌を各々が懐紙に書いたものです。

  詠二首和歌
   山河水鳥
おもひやるかものうはけの
いかならむしもさへわたる
やま河の水

   旅宿埋火
たびやかたよものをちは
をかきつめてあらしをいとふ
うつみひのもと

書き始めの部分は墨を含んで濃く、一気に書いています。

「広沢切」 伏見天皇筆 鎌倉時代 出光美術館 重要美術品
仮名4

広沢切は伏見天皇(1265~1317)が自らの歌を集めた歌集で、20巻ほどあり、
出光美術館所蔵は秋の歌56首の書かれた巻物です。
あまり強弱のない、均一な書風です。

「和歌懐紙」 「懐紙帖」(重要美術品)の内 
 後土御門天皇筆 室町時代 出光美術館

仮名5

宮中歌会である公宴和歌のこの時代の仕組みが分かる史料です。
毎月二十五日に同じメンバーで三首ずつを詠む月次歌会で、実際に集まるのではなく、
紙の上での参加です。
和歌懐紙と短冊を隔月に用いる習わしです。
後土御門天皇(1442~1500)の在位中に応仁の乱が起こって、皇室も貧窮に苦しみ、
宴を催すのは正月のみで、他の月は紙の上の歌会になったそうです。

同じ仮名書きでも、平安時代の繊細、流麗な書き振りから、時代が経つに連れ、
書風が変わってくるのが分かります。

展覧会のHPです。


次回の展覧会は、開館50周年記念、「岩佐又兵衛と源氏絵」展です。
会期は2017年1月8日(日)から2月5日(日)までです。

岩佐11-27-2016_001

関連記事
スポンサーサイト

【2016/12/13 19:26】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3143-bc67c2d5

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |