2016年の展覧会10選
上野など
chariot

2016年に観た展覧会10選です。
記事の掲載順に並んでいます。

●東京都美術館 「ボッティチェリ展」

ボッティチェリ002


サンドロ・ボッティチェリ 「聖母子(書物の聖母)」   
 1482-83年頃 テンペラ ミラノ、ポルディ・ペッツォーリ美術館

ボッティチェリ014

金箔やラピスラズリが使われ、とても入念に描かれた作品です。

「ボッティチェリ展」の記事です。


●国立西洋美術館 「カラヴァッジョ展」

カラヴァッジョ001


ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ 「エマオの晩餐」   
 1606年 油彩、カンヴァス ミラノ、ブレラ絵画館

カラヴァッジョ004

光と影の中のドラマで、深い精神性を感じます。

「カラヴァッジョ展」の記事です。


●国立新美術館 「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」

ル6-2-2016_001


ピエール・ オーギュスト・ ルノワール 「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」 
 1876年 オルセー美術館

ル6-2-2016_006

木漏れ日の下で踊る人たちのさざめきが聞こえてきそうです。

「ルノワール展」の記事です。


●東京都美術館 「ポンピドゥー・センター傑作展」

ポ6-15-2016_001


アンリ・マティス 「大きな赤い室内」 1948年 ポンピドゥー・センター
ポ6-15-2016_003

画面は幸福な赤色で埋め尽くされています。

「ポンピドゥー・センター傑作展」の記事です。


●横浜美術館 「メアリー・カサット展」

メアリー3


メアリー・カサット 「眠たい子どもを沐浴させる母親」 
 1880年 ロサンゼルス郡立美術館

メアリー0

メアリー・カサットのよく描いた母子像で、親密な親子の関係を二人の視線が表しています。

「メアリー・カサット展」の記事です。


●東京藝術大学大学美術館 「観音の里の祈りとくらし展Ⅱ-びわ湖・長浜のホトケたち-」

観音001


「十一面観音立像」 平安時代(9世紀) 
 医王寺 長浜市木之本町大見 重要文化財

観音1

像高145.4cmのクスノキの一木造りで、優しいお姿をしています。

「観音の里の祈りとくらし展Ⅱ」の記事です。


●国立新美術館 「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち展」

ベネツィア0


ティツィアーノ・ヴェチェッリオ 「受胎告知」 
 1563-65年頃 サン・サルヴァドール聖堂

ベネツィア3

ベネツィア4

縦410㎝の仰ぎ見るほどの作品で、荘厳なドラマの一瞬が描かれています。

「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち展」の記事です。


●サントリー美術館 「鈴木其一 江戸琳派の旗手」展

鈴木7-24-2016_001


鈴木其一 「朝顔図屏風」 メトロポリタン美術館
鈴木0_1

右隻
鈴木1_1

左隻
鈴木2_1

高さ2m程はある大きな画面いっぱいに群青色の朝顔が大輪の花を咲かせた、
デザイン性の高い作品です。

「鈴木其一 江戸琳派の旗手」展の記事です。


●東京国立博物館 「禅―心をかたちに―」展

禅11-10-2016_001


「蘭渓道隆坐像」 鎌倉時代・13世紀 神奈川・建長寺 重要文化財
ぜIMG_0193

臨済宗・黄檗宗各寺院の所蔵する名宝により、禅の世界を紹介する展覧会です。

「禅―心をかたちに―」展の記事です。


●国立西洋美術館 「クラーナハ展 500年後の誘惑」

クラーナハ0


ルーカス・クラーナハ 「ホロフェルネスの首を持つユディト」 
 1530年頃 ウィーン美術史美術館

クラーナハ5

修復後、初めての展示で、ユディトの肌はつややかな張りがあり、瞳はきらめいています。

「クラーナハ展 500年後の誘惑」の記事です。


2016年は日伊国交樹立150周年を記念して、「ボッティチェリ展」「カラヴァッジョ展」
「ポンピドゥー・センター傑作展」「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち展」など、
イタリアに関係した展覧会の多い年でした。

ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」と、ティツィアーノの
「受胎告知」を観ることができたのが最大の収穫です。


blogを始めて10年経ちました。
これだけ長く続けてこられたことを嬉しく思います。
今年もまた多くの方に見ていただき、有難うございました。
皆さまのblogも勉強になることが多く、楽しませていただいています。
2017年もいろいろの展覧会に出かけ、カフェなどにも立ち寄って、
記事を書きたいと思っていますので、よろしくお願い申し上げます。
皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

関連記事
スポンサーサイト

【2016/12/31 21:12】 美術館・博物館 | トラックバック(3) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3176-b2aaa400

blog_name=【弐代目・青い日記帳 】 ♥   かみさんが選ぶ「2016年 展覧会ベスト10」
 
気が付けば今年もあと今日を入れて残り3日となりました。昨年に比べると幾分か余裕のある年末ですが、慌ただしく何かと用事があることには変わりありません。 さて、毎年恒例となっております展覧会年間ベスト10を発表したいと思います。 毎年のことですが、自分が選んだベスト10やプロが選ぶ「2016ベスト展覧会」よりも人気の、うちのかみさんが直観だけで選んだ今年のベスト展覧会を発表し...
【2017/01/04 17:08】

blog_name=【弐代目・青い日記帳 】 ♥   2016年 展覧会ベスト10
 
年末にその年に観た展覧会の中から恣意的にベスト10を決め、発表し始めてから今年で12年目を迎えることが出来ました。 これもひとえに支えてくれた家族と駄文を読んで下さる皆さんあってのこと。いつもいつも感謝の気持ちでいっぱいです。 式部輝忠 今年は仕事が馬鹿みたいに忙しいのに加え、色々な頼まれごとをひょいひょいと引き受けてしまい展覧会の紹介記事を書く時間がだいぶタイトでした。一...
【2017/01/04 17:08】

blog_name=【はろるど】 ♥   2016年 私が観た展覧会 ベスト10
 
年末恒例、独断と偏見による私的ベスト企画です。私が今年観た展覧会のベスト10をあげてみました。 2016年 私が観た展覧会 ベスト10 1.「恩地孝四郎展」 東京国立近代美術館 恩地孝四郎について何も知らなかったことを思い知らされました。一口に木版といえども、...
【2017/01/01 13:00】

プロフィール

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |