「日本陶磁協会賞受賞作家展 ─ONLY碗─」 銀座和光ホール
銀座
chariot

銀座和光本館6階の和光ホールでは、「日本陶磁協会賞受賞作家展 ─ONLY碗─」が開かれています。
会期は2月14日(火)まで、入場は無料です。

日本陶磁0
日本陶磁1


日本陶磁協会賞は、その年のもっともすぐれた焼物を制作した新進の作家を表彰する趣旨で
設けられた賞で、1954年に始まっています。
1973年からは新進に限らず、その年のもっともすぐれた作家に与えられています。
今回の展覧会は58回目で、歴代受賞者約40名の作品と、テーマ作品であるそれぞれの作家の
「ONLY碗」の合わせて約160点が展示されています。

鈴木徹 2015年度日本陶磁協会賞受賞
日本陶磁2

織部焼です。

竹中浩 1980年度
日本陶磁5


川瀬忍 1981年度
日本陶磁8

碗は紅釉、高台は青磁です。

江口勝美 1984年度
日本陶磁6

生地を彫る、刳抜という技法を使っています。

中里隆 1984年度
日本陶磁12


鈴木三成 1988年度
日本陶磁9

貫入のある青磁です。

前田昭博 2003年度
日本陶磁10

楽茶碗のような柔らかい白磁です。

8代清水六兵衛 2004年度
日本陶磁4


三原研 2007年度
日本陶磁7

釉薬を掛けない焼締めです。

小池頌子 2008年度
日本陶磁13


中島晴美 2009年度
日本陶磁2-5-2017_016

磁器によるオブジェです。

14代今泉今右衛門 2011年度
日本陶磁11


福島善三 2013年度
日本陶磁3

福岡県の小石原焼の窯元です。

これまでの陶芸界に大きな功績のあった作家に贈られる金賞の受賞者の作品も展示されています。

秋山陽 2015年度日本陶磁協会賞金賞受賞

陶磁IMG_0023


和光ビルの階段の踊り場に冬の陽が差していました。

陶磁IMG_0018

関連記事

【2017/02/09 20:28】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3204-8fea2d93

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |