「博物館でお花見を」 2017/3
上野
chariot

上野の東京国立博物館恒例の「博物館でお花見を」に行ってきました。
会期は4月9日(日)までです。
5月7日(日)までは春の庭園開放もされていて、さまざまな種類の桜を楽しめます。

お花見3-20-2017_001


「花下遊楽図屏風(左隻 部分)」 狩野長信筆 江戸時代・17世紀 国宝
はIMG_0338

4月9日(日)までの展示です。
ほぼ毎年春になると会うことのできる屏風です。

「小袖 紅綸子地八重桜土筆蒲公英燕模様」 江戸時代・19 世紀
はIMG_0379

はIMG_0381

4月16日(日)までの展示です。
刺繍で、上からツバメ、八重桜、ツクシ、タンポポをあしらっています。

「色絵桜楓文木瓜形鉢」 仁阿弥道八作 江戸時代・19世紀
はIMG_0366

4月16日(日)までの展示です。
春の桜と秋の楓が同じ鉢の中に入っています。

「不動明王立像」 平安時代・11世紀
はIMG_0393

4月16日(日)までの展示です。
桜の木を彫って作ったお不動様で、真言宗の空海の伝えた様式と
天台宗の円珍の伝えた様式が混じっているそうです。

「流水に桜透鐔」 西垣勘平作 江戸時代・17世紀 
はIMG_0404

4月23日(日) までの展示です。

  年をへて花の鏡となる水は散りかかるをや曇るというらむ 伊勢

  吹く風と谷の水としなかりせばみ山隠れの花を見ましや 紀貫之
 

特集展示として、奈良・金春家伝来の能面・能装束が展示されています。

「面 曲見(しゃくみ)」 金春家伝来 室町時代・15~16世紀 重要文化財
はIMG_0388

「唐織 萌黄地雪持柳桐菊藤梅片身替模様」 金春家伝来 安土桃山時代・16世紀
はIMG_0382


近代の美術の展示では、河鍋暁斎の大きな掛軸もありました。

「龍頭観音像」 河鍋暁斎筆 明治時代・19世紀
はIMG_0406

現在、渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開かれている、
「これぞ暁斎!世界が認めたその画力」展の記事です。


桜の作品をめぐるスタンプラリーもあって、5つのスタンプを全部押したら
オリジナル缶バッジがもらえるので、私ももらってきました。

はIMG_0410

公式キャラクターのトーハクくん(本名:東博 あずまひろし)が団子を持っています。


2016年の「博物館でお花見を」の記事です。

「博物館でお花見を」のHPです。

関連記事
スポンサーサイト

【2017/03/23 20:02】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • こんばんは。
  • 毎年春の恒例の行事で、上野公園の花見は人でいっぱいですが、こちらはゆっくり鑑賞できます。

    【2017/03/24 19:41】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • なかなかに楽しそうな催しですね!
    行ってみたいものです(^_^)

    【2017/03/24 09:01】 url[ジャム #-] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3234-69a1bfdc

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    東京のビルの多い街で暮らしています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |