「草間彌生 わが永遠の魂」展 国立新美術館
乃木坂
chariot

六本木の国立新美術館では国立新美術館開館10周年、「草間彌生 わが永遠の魂」展が
開かれています。
会期は5月22日(月)までで、火曜日は休館日です。

草間0


草間彌生さん(1929-)が2009年から描き始めたシリーズ、「わが永遠の魂」を中心に、
初期から現在までの作品、約130点が展示されています。

草間さんは1957年にアメリカに渡り、前衛芸術家として活躍を始めています。

「No.AB.」 1959年 豊田市美術館
草間1

びっしりと隙間なく、点々が描き込まれていて、画面の区切りもありません。

草間さんが絵を描き始めたのは、自分の中にある強迫観念への対抗の手段として
だったとのことで、延々と埋められた画面を観ると確かにそう感じます。

その後、1973年に帰国し、活動を続けます。


「自殺した私」 1977年 東京都現代美術館
草間3

この頃の作品はかなり陰鬱です。


「黄樹」 1992年 秋田・フォーエバー現代美術館
草間2

びっしりと埋められた画面は同じですが、雰囲気は明るくなってきます。


「わが永遠の魂」シリーズの展示は携帯での撮影が可能です。
隙間なく並んで、壁を埋め尽くしています。

草DSC_0001

草DSC_0011

「真夜中に咲く花」 2016年
草DSC_0004

原色にあふれた、エネルギーいっぱいの作品が並んでいて、圧倒されます。
びっしり描き込むという形は初期と同じですが、気分はまるで違って、明るくなっています。
年月を経る間に、草間さんの内面に大きな変化があったのでしょうか。


「南瓜」 2007年 秋田・フォーエバー現代美術館
草間IMG_0115

草間さんと言えば水玉模様とカボチャです。
屋外展示場に置かれ、中にも入れて、子どもたちにも人気です。

立ち木も草間モードで装っています。

草間IMG_0121


展覧会のHPです。

関連記事

【2017/04/15 20:26】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3245-29c372d1

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |