「19世紀パリ時間旅行―失われた街を求めて―」 練馬区立美術館
中村橋
chariot

練馬区立美術館では、「19世紀パリ時間旅行―失われた街を求めて―」が開かれています。
練馬区独立70周年記念展で、会期は6月4日(日)までです。

パリ0


フランス文学者の鹿島茂氏(1949-)による「失われたパリの復元」(「芸術新潮」連載)を基に、
19世紀のパリについての資料や作品を展示する展覧会です。

ビュヴィス・ド・シャヴァンヌ 「聖ジュヌヴィエーヴの幼少期」 
 油彩・鉛筆・カンヴァス 1875年頃 島根県立美術館

シ009

シ010

会場の最初に置かれています。
パリのパンテオンの装飾壁画の縮小版です。
聖ジュヌヴィエーヴはパリの守護聖人で、451年のフン族の攻撃から
パリを守ったとされています。
パリのパンテオンは元は聖ジュヌヴィエーヴ教会として建設され、
1792年に竣工しています。
故郷のナンテールで、聖ジェルマンに見出された場面で、対角線構図で
配された群像の中心に幼いジュヌヴィエーヴが立っています。
手前の水面はセーヌ川を表しています。

パリはナポレオン3世の第二帝政期(1852-70)にセーヌ県知事のオスマン男爵によって
パリ大改造(1853-70)が行なわれています。
広い直線通りを何本も通すなど道路網を整備し、衛生環境を改善するなどして、
現在のパリの景観を形作っています。
一方で下層民の住居は強制的に破壊され、住民はパリ周辺部へ追いやられています。

アドルフ・マルシアル=ポテモン 「ロラン=ブラン=ガージュ通り(袋小路)」 
エッチング・紙 1864年 鹿島茂コレクション

パリ7

版画集「いにしえのパリ」(1866年)の一部です。
アドルフ・マルシアル=ポテモン(1828-1883)は大改造前のパリの街並みのほぼすべてを
版画に写した、「いにしえのパリ」を制作しており、今では貴重な資料となっています。

エミール・バヤール 「コゼット」 木版画 1879-1882年
パリ5

パリ6

ヴィクトル・ユーゴーが1862年に執筆した「レ・ミゼラブル」のユーグ版の挿絵版画です。
コゼットはまだ幼いのに、小間使いとして働かされています。
「レ・ミゼラブル」の舞台のパリは大改造前の時代です。

フランソワ・ポンポン 「コゼット」 ブロンズ 1888年 群馬県立館林美術館
桶を重そうに持ち上げるコゼットの像です。
フランソワ・ポンポンは単純化された動物の像で有名な彫刻家ですが、初期の作品で、
ロダンのようなロマン主義的な雰囲気があります。

ピエール=オーギュスト・ルノワール 「森の散歩道(ル・クール夫人とその子供たち)」 
 油彩、カンヴァス 1870年  公益財団法人吉野石膏美術振興財団(山形美術館に寄託)

パリ4

パリ郊外のブローニュと思われる森を散歩する、友人の建築家、
シャルル・ル・クールの家族を描いています。
初期の作品で、コロー風の落着いた色彩です。
ブローニュの森もパリ大改造時にロンシャン競馬場を建設するなど、
整備が進められています。

アンリ・ルソー 「エッフェル塔とトロカデロ宮殿の眺望」 
 油彩・カンヴァス 1896-98年 ポーラ美術館
 
パリ1

右奥のトロカデロ宮殿(1937年に取壊し)は1878年のパリ万博のメイン会場、
エッフェル塔は1889年のパリ万博の入場口として建設されています。
手前はアンヴァリッド橋で、1854年に翌年のパリ万博に合わせてこの形に
架け替えられています。
アンリ・ルソーは大改造後のパリに生きています。

ポール・シニャック 「ポン・ヌフ」 水彩・紙 1927年 茨城県近代美術館
パリ3

ポン・ヌフはシテ島をまたいでセーヌ川に架かる橋で、「新しい橋」という意味ですが、
竣工は1607年で、パリで一番古い橋です。 
シテ島はパリ発祥の地であり、パリ市の標語、「パリはたゆたえども沈まず」は
この島に由来しています。
また、シテ島に住む者を表す、「シトワイアン」はやがて「市民」(英語のシティズン)という
意味を持つようになります。
大改造前は貧民窟になっていたシテ島は整備が進み、住民は追い払われています。

モーリス・ユトリロ 「モンマルトルのキュスティーヌ通り」 
 油彩・カンヴァス 1938年 松岡美術館

パリ2

キュスティーヌ通りはモンマルトルのサクレ・クール寺院の北東側にあります。
大改造によって出現した整然とした街並みです。
定規をよく使っていたユトリロには直線的な街路は描きやすかったかも知れません。
展覧会の中で一番新しい作品で、この絵の翌年に第2次世界大戦が始まり、
1940年にはパリはナチスドイツ軍に占領されています。
そして、戦後は芸術・文化の中心はフランスなどのヨーロッパからアメリカに
移っています。

他に、オノレ・ドーミエの社会風刺版画や、ピエール・ボナールのリトグラフ、
「パリ生活の諸相」(1895-99年)、浮世絵風の版画で知られるアンリ・リヴィエールの
「エッフェル塔36景」(1902年)なども展示されています。
大改造前からベル・エポックの時代まで、19世紀のパリの雰囲気が伝わる、
とても興味深い展覧会です。

展覧会のHPです。

次回の展覧会は、「生誕110年記念 漆の画家 太齋春夫展」です。
会期は6月9日(金)から7月14日(金)までです。

だざい5-22-2017_009

関連記事

【2017/05/23 20:21】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3288-4a3caa0b

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |