「おもしろびじゅつ ワンダーランド2017」展 六本木 サントリー美術館
六本木・乃木坂
chariot

六本木のサントリー美術館では六本木開館10周年記念展、「おもしろびじゅつ
ワンダーランド2017」展が開かれています。
会期は8月31日(木)までで、休館日は火曜日です。
中学生以下は無料です。


ワンダー6-15-2017_001


会場内は撮影自由です。

「桐鳳凰図屏風」 六曲一双 狩野探幽 江戸時代/17世紀
右隻
おIMG_0042

左隻
おIMG_0038

桐は鳳凰の留まる木といわれ、よく鳳凰と組にして描かれます。
屏風の飾り金具には葵の紋が入っています。
広い金地につがいと雛の鳳凰を置いた絵柄から見て、徳川家の婚礼用の
調度ではないかと考えられています。

画面の前に立って手をパタパタさせると、鶴のツル太も羽根をパタパタさせます。
おIMG_0046

さまざまなカットの切子です。
おIMG_0049

おIMG_0048

「染付吹墨大徳利」 肥前有田 江戸時代/17世紀前半
おIMG_0065

高さ2mほどの大きな徳利で、マイクに向かって声を出すと
それに応じてさまざまな色の吹墨模様が表面に現れます。
おIMG_0068

「鼠草子絵巻」の全場面を展示するコーナーです。
おIMG_0076

「鼠草子絵巻」 室町~桃山時代/16世紀
サ011

四条堀川に住む鼠の権頭(ごんのかみ)は、子孫が畜生道に堕ちることを
恐れて清水寺に祈願して美しい姫君と結ばれるものの、清水寺にお礼参りに
行っている隙に正体が露見してしまい、世をはかなんで出家するという
お話です。

登場鼠の解説です。
おIMG_0075

権頭は人間の姫君と結婚することを思い立ちます。
おIMG_0077

清水寺での出会いです。
おIMG_0078

解説もあります。
おIMG_0079

権頭と姫君の婚礼です。
姫君たちは権頭が鼠であることに気付いていません。
おIMG_0080

おIMG_0081

台所では宴会の支度をしています。
おIMG_0082

下女の鼠が釜焚きをしながら、結婚するなんて何て憎らしいご主人様、
と嘆いています。
おIMG_0084

おIMG_0083

おIMG_0085

おIMG_0087

ところが、正体が鼠であることが露見してしまいます。
おIMG_0088

権頭は罠に掛けられます。
おIMG_0090

姫君たちは逃げてしまいました。
おIMG_0092

おIMG_0093

逃げていった姫君の残した、鏡、かもじ、碁盤などの道具を眺めながら、
権頭がいくつか和歌を詠む場面もあります。
和歌は源氏物語の中の歌を下敷きにしているそうです。
おIMG_0095

おIMG_0097


「能装束 桐唐草紅白段模様厚板唐織」 江戸時代 19世紀
おIMG_0106

おIMG_0126

「納戸縮緬地草花千鳥風景模様小袖」 江戸時代 18世紀後半
おIMG_0110

おIMG_0121

江戸時代の着物を材料にして、自分で着物をデザインすることが出来ます。
おIMG_0117

おIMG_0129


夏休みらしい、おもしろい仕掛けがいろいろある企画です。

展覧会のHPです。


次回の展覧会は六本木開館10周年記念展、「天下を治めた絵師 狩野元信」展です。
会期は9月16日(土)から11月5日(日)までです。

狩野img141

関連記事

【2017/08/12 16:58】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3349-0a6020d9

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |