「ジャコメッティ展」 国立新美術館
乃木坂
chariot

六本木の国立新美術館では国立新美術館開館10周年、「ジャコメッティ展」が
開かれています。
彫刻家、アルベルト・ジャコメッティ(1901-1966)の初期から晩年まで、
彫刻、油彩、素描、版画など、約130点が展示されています。
会期は9月4日(月)までで、火曜日は休館日です。

img079.jpg


アルベルト・ジャコメッティはスイス生まれで、彫刻をブールデルに学んでいます。
初期の作品はキュビズムやシュルレアリスム、アフリカの彫刻の影響を受けています。

「女=スプーン」 1926/27年 マルグリット&エメ・マーグ財団美術館
ジャimg148

アフリカ彫刻の雰囲気があります。
マルグリット&エメ・マーグ財団美術館はフランスのサン=ポール・ド・ヴァンスにあり、
ジャコメッティのコレクションで知られています。

シュルレアリスムの作品は2011年に同じ国立新美術館で開かれた、「シュルレアリスム展
-パリ、ポンピドゥーセンター所蔵作品による」にも展示されていました。

「シュルレアリスム展-パリ、ポンピドゥーセンター所蔵作品による」の記事です。

やがて作風が変わり、棒のような細い人物像の制作を始めます。

「大きな像(女:レオーニ) 1947年 マルグリット&エメ・マーグ財団美術館
  ジャimg144 (1)

高さ167㎝あります。
見えるものを見える通りに造ろうとすると、こんな形になったそうですが、
なぜこのようなヴォリュームを捨てた形になるのでしょうか。

「林間の空地、広場、9人の人物」 1950年 マルグリット&エメ・マーグ財団美術館
ジャimg144 (2)

群像表現ですが、集団ではなく、それぞれが孤立しているように見えます。

以下の3点は撮影可能です。

「歩く男」 1959年 マーグ・コレクション
ジャDSC_0040

「女性立像」  1959年 マーグ・コレクション
ジャDSC_0031

「頭部」  1959年 マーグ・コレクション
ジャDSC_0036


哲学者の矢内原伊作と親交があり、矢内原をモデルにした肖像も制作しています。
矢内原はジャコメッティのアトリエには前後230回も通い、モデルの矢内原が
ちょっとでも動くとジャコメッティは事故にでも遭ったような大声を出したそうです。

セザンヌはモデルが動くと「リンゴが動くか!」と怒ったそうなので、似た話だなと
思ったら、ジャコメッティもセザンヌを好んでいたそうです。
対象を確実に把握しようとする態度は共通しています。


弟で助手のディエゴ・ジャコメッティ(1902-1985)をモデルにした作品も何点か
展示されています。
モデルが長時間拘束されるので、家族がモデルになることが多かったようです。

「ディエゴの胸像」 1954年 豊田市美術館
ジャimg143

参考
ディエゴ・ジャコメッティ 「猫の給仕頭」
松0051

ディエゴのつくった作品で、白金台の松岡美術館の玄関ホールに展示されています。
猫が自分の猫皿を抱えているようにも見えます。

「犬」 1951年 マルグリット&エメ・マーグ財団美術館
ジャimg144 (3)

動物を題材にしたブロンズ像は犬を1点、猫を1点だけ制作しているそうです。
頭と尾を垂れたしょんぼりした形はよく感じが出ています
街で見かけた犬に自分と似たものを見たそうです。
犬はじっとしていてくれないので、記憶による造形です。

「犬、猫、絵画」 リトグラフ 1954年 マルグリット&エメ・マーグ財団美術館
ジャimg144 (4)

ジャコメッティは絵画や版画も制作しています。
手前に「犬」のブロンズ像が見えます。

展覧会のHPです。

関連記事

【2017/08/22 19:27】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3350-7e626d12

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |