「皇室とボンボニエール展」 大手町 宮内庁三の丸尚蔵館
大手町
chariot

宮内庁三の丸尚蔵館では、「皇室とボンボニエール展」が開かれています。
会期は9月10日(日)までです。
入館は無料です。

ボンimg158


ボンボニエールとはボンボン(砂糖菓子)を入れる菓子器のことで、
皇室では祝宴の際の引出物として、小さな器が用いられています。
約160点が展示されていて、会期中、一部展示替があります。

入目籠形 大正4年(1915)11月17日 大正大礼 大饗第二日の儀 銀製
ボンimg165 (5)

大正天皇の即位の儀式である御大礼の折の品です。
皇室のボンボニエールの多くは銀製です。

亀甲形 松飾付 大正13年(1924)5月31日
皇太子(昭和天皇)御結婚宮中饗宴晩餐 紫檀,蒔絵,螺鈿
ボンimg165 (2)

松飾の付いた珍しい形です。

鼓形若松星文 昭和3年(1928)7月12日
秩父宮御結婚につき皇太后(貞明皇后) 御主催御内宴 銀製
ボンimg165 (7)

角鳥籠形 大正~昭和初期(1910~30年代)  銀製 
ボンimg165 (6)

中に鳥が入っています。

地球儀形 昭和6年(1931)7月1日,高松宮同妃御帰国につき
皇太后(貞明皇后)御主催御内宴,大宮御所にて 銀製
ボンimg165 (3)

扇形三笠山に若杉桐文 昭和16年(1941)12月7日,三笠宮御結婚につき
皇太后(貞明皇后)御主催御内宴,大宮御所にて 陶器
ボンimg165 (4)

太平洋戦争開戦前日の宴の折の品で、時局柄、材料も質素になっています。

丸形梅枝文 昭和18年(1943)12月6日,成子内親王・東久邇宮盛厚王御結婚につき
皇太后(貞明皇后)主催御内宴,大宮御所にて 竹,蒔絵
ボンimg165 (1)

材料が竹になっています。

碁盤形は皇族の着袴の儀に際して用いられています。
幼児が初めて袴を着る儀式で、碁盤に乗って行ないます。
源氏物語では光源氏が碁盤に乗った紫君の髪を削ぐ、髪削の儀を行なっています。

本型は成年式の意匠に用いられています。

竹田宮関係の品は竹を意匠にしています。


どれも手の平に乗る小さな形の中にさまざまな意匠をこらしてあり、見飽きません。

展覧会のHPです。


次回の展覧会は「古代の造形-モノづくり日本の原点」展です。
会期は9月23日(土・祝)から12月10日(日)までです。

関連記事

【2017/09/05 20:02】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3360-cdc5405b

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |