「シャガール 三次元の世界」展 東京ステーションギャラリー
東京
chariot

東京駅の東京ステーションギャラリーでは、「シャガール 三次元の世界」展が
開かれています。
会期は12月3日(日)まで、入館料は一般1300円です。
10月22日までの前期と、24日からの後期で、一部展示替えがあります。

シャガールimg210 (2)


マルク・シャガール(1887-1985)が晩年に数多く制作した彫刻に焦点を当て、
平面作品と対比する展覧会です。
約170点の展示作品のうち、50点は彫刻、10点は陶器などの立体作品です。

「誕生日」 1923年 AOKIホールディングス蔵
シャガールimg210 (3)

1915年に描かれた作品の、シャガール自身による忠実な模写です。
1915年7月7日のシャガールの誕生日に花束を持って訪れた恋人のベラを迎える
シャガールです。
シャガールは浮遊して、ベラにキスし、その幸福感を表しています。
ユダヤ人だったシャガール夫妻はナチスの迫害を恐れて1941年にフランスから
アメリカに渡っていますが、ベラは1944年に病死しています。

「ふたつの頭部と手」 1964年 個人蔵
シャガールimg210 (4)

1923年の「誕生日」と同じモチーフによる彫刻で、大切にされてきたモチーフである
ことが分かります。

「二重肖像」 1924年 名古屋市美術館
シャガールimg210 (1)

パレットを持ち、キャンバスに向かうシャガールと、白いドレスに身を包み、
花束を持ってそれを見つめるベラです。
人物を重ねるようにして描くのは、シャガールの作品によく見られる特徴で、
花束とパレットの色も揃っています。す。

「たそがれ」 1938-43年 個人蔵
シャガールimg212 (2)

故郷のヴィテブスクの冬景色が背景で、パレットも白色です。
シャガールの絵によく描かれるニワトリやロバもいます。
こちらも顔を重ねていますが、赤、白、青の三色なのは、活動の場だった
フランスを表しているのでしょうか。

「紫色の裸婦」 1967年 個人蔵
シャガールimg210 (8)

月夜の情景で、紫色の裸婦、赤いアルルカン、青いヤギ、黄色い月光と、
色彩が輝き、特に紫色が印象的です。

「青いロバ」(背面/正面) 1954年 個人蔵
シャガールimg210 (5)

シャガールは第2次世界大戦が終わり、フランスに戻った後の1949年から
陶器の制作を手掛け、約230点を制作したそうです。
壺などの形を基にしながら自由な造形で、多くは彩色されています。

「空想の動物(ロバ/空想の馬)」 1952年 個人蔵
シャガールimg212 (1)

石膏像で、動物の体に抱き合う人物が彫り出されています。
ユダヤ教の中の神秘思想、ハシディズムでは罪人の魂は物言えぬ動物に
転生すると考えられていて、シャガールの作品に動物がよく登場するのは、
そのことが反映しているかもしれないそうです。

「地上の楽園」 1969年 個人蔵
シャガールimg210 (7)

大理石の浅浮彫で、プリミティブな雰囲気は中世の教会建築の柱頭彫刻を
思わせます。

「ヤコブの梯子」 1973年 個人蔵
シャガールimg210 (6)

ヤコブの梯子は旧約聖書創世記でヤコブが夢に見たという、天と地を結ぶ梯子で、
天使が昇り降りしていました。
神はその地をヤコブに与え、子孫の繁栄を約束しています。
シャガールはよく聖書の世界を題材にしています。

色彩豊かな絵画作品とともに展示された陶器や彫刻は、今まで知らなかった
立体作家としてのシャガールを見せてくれて、とても興味深い展覧会です。

2010年に東京藝術大学大学美術館で開かれた、「シャガール展」の記事です。

2012年に日本橋髙島屋で開かれた、「シャガール 愛をめぐる追想展」の記事です。

展覧会のHPです。


次回の展覧会は、「鉄道絵画発ピカソ行き コレクションのドアが開きます」展です。
会期は12月16日(土)から2018年2月12日(月・祝)までです。

関連記事

【2017/10/17 19:05】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • こんばんは。
  • シャガールの彫刻は観たことがなかったので、興味深いものがありました。
    彼の作品は懐旧的な雰囲気があり、古い煉瓦の壁を残した展示室と合っています。

    【2017/10/19 18:59】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • シャガールの多彩な世界
  • 見慣れた、シャガールの、浮遊する、カラフルな世界に加えて、陶器への絵や彫刻など多彩な作品に親しむ心地よい機会になりますね。赤レンガの駅舎の壁むき出しの会場にも合う気がしますね。

    【2017/10/19 08:38】 url[あかーる #X037UcDo] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3384-738d7480

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    東京のビルの多い街で暮らしています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |