「生誕120年 東郷青児展 抒情と美のひみつ」 東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館
新宿
chariot

新宿の東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館では、「生誕120年 東郷青児展
抒情と美のひみつ」が開かれています。
会期は11月12日(日)までです。

東郷img046


二科会を率いて活躍した東郷青児(1897-1978)の作品、約60点を中心にした展示で、
いわゆる東郷スタイルを確立する以前の作品が多く展示されているのが特徴です。
所蔵先の記載の無い作品は東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館の所蔵です。

東郷青児は鹿児島市出身で、幼少時に東京に移っています。
小学校では林武と同級でしたが、二人の作風は対照的です。

「コントラバスを弾く」 1915年 
東郷006

山田耕筰の東京フィルハーモニーの練習場の隅をアトリエに使わせてもらっている
時の作品で、音楽を絵画化しています。
山田はドイツ留学のときに集めたカンディンスキーなどの版画を持ち帰っており、
それを見た東郷は触発されて、このような前衛的な絵を描いています。
描線に勢いがあり、色彩の扱いも巧みです。
これを描いたのは18歳前後ですから、はじめから上手くて、センスのある人
だったと言えます。

「パラソルさせる女」 1916年 一般財団法人陽山美術館
東郷img245

19歳で初めて二科展に出品し、ニ科賞を受賞した作品です。
キュビズム風で、色も形もリズムがあり、モダンです。
ニ科会は、官展である文展の洋画部門の審査方針に不満を持っていた画家たちが
1914年に設立した団体です。

「サルタンバンク」 1926年
東郷img247

1921年から1929年までフランスに留学しています。
パリで描いた作品で、色彩はまとまり、抒情性があります。
自信作で、嬉しくてピカソを連れてきて絵を見せ、藤田嗣治も見に来たそうです。
サルタンバンクとは大道芸人のことで、ピカソが「腕を組んですわるサルタンバンク」を
描いたのは1923年のことです。
この頃のピカソはキュビズムから新古典主義に移っていました。

「超現実派の散歩」 1929年
東郷008

1928年に帰国した翌年に二科展に出品した作品で、同館のロゴマークにもなっています。
シュルレアリスムによる不思議な絵で、左手に黒い手袋、右足に黒いブーツの裸の女性が
月を掴まえようとするかのように空中を浮遊しています。
この時期だけの珍しい作風で、以後はシュルレアリスムから離れ、いわゆる後の
東郷青児らしい作風に変わっていきます。
二科会には1931年に入会しています。

「山の幸」 1936年 シェラトン都ホテル大阪
東郷img238 (4)

京都にあった丸物百貨店の装飾壁画で、藤田嗣治との競作です。
柔らかな雰囲気で、後の東郷らしい作風が表れています。

「海の幸」 1936年
東郷img238 (3)

こちらは藤田嗣治の作品です。
東郷に比べ、人物の表現に力強さがあります。

「バイオレット」 1952年
迷008

ロマンチックな雰囲気で、筆跡を見せないフラットな色面の、いわゆる東郷スタイルが
完成された作品です。
よく観ると髪の毛のウエ-ブがしっかり描きこまれています。
この東郷スタイルはすでに戦前にかなり出来上がっています。

「裸婦」 1952年 INAXライブミュージアム
東郷img238 (5)

モザイクタイル絵です。
伊那製陶(現LIXIL)のタイルのためのデザインを提供していて、この図柄は熱海の
浴場を飾るためのものです。
東郷青児は壁画や商業デザインもいろいろ手掛けていて、現在も日本橋髙島屋の
エレーベーターの扉やあちこちの洋菓子店の包装紙などに使われています。

日本橋髙島屋のエレーベーターの扉です。
東郷IMG_0027

「若い日の思い出」 1968年
東郷img238 (6)

晩年の作品ですが、みずみずしさがあります。


初期の作品から見ていくと、徐々に後の東郷青児が形成されていく様子がよく分かります。

会場入口にはフォトスポットもあります。

東郷IMG_0631


展覧会のHPです。


次回の展覧会は「デンマーク・デザイン展」です。
会期は11月23日(木・祝)から12月27日(水)までです。

img244.jpg

関連記事

【2017/10/03 19:52】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3388-b41dd2dd

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |