「パリ♥グラフィック ― ロートレックとアートになった版画・ポスター展」ブロガー特別内覧会 三菱一号館美術館
東京
chariot

丸の内の三菱一号館美術館で11月9日に開かれた、青い日記帳×「パリ♥グラフィック
― ロートレックとアートになった版画・ポスター展」ブロガー特別内覧会に行ってきました。
展覧会の会期は2018年1月8日(月)までです。

ロimg012


「弐代目・青い日記帳」主催のTakさん(右)がモデレーターで、
野口玲一学芸員(左)の解説を伺いました。

パIMG_0252


会場の写真は特別の許可を得て撮影しています。
また、一部の展示室は撮影可能です。

アムステルダムのファン・ゴッホ美術館との共催で、19世紀末の印刷技術の発達に伴い
盛んになったパリのポスターや版画芸術を紹介する展覧会で、両館の保有する約170点が
展示されています。

リトグラフ(石版画)の発明により、描いた筆の勢いまで再現し、多色刷り、大量生産まで
可能になったことで、版画は大きく発展します。

特にロートレックはポスターの制作で版画の芸術的価値を大きく高めたことで知られており、
展覧会でも三菱一号館美術館の所蔵するロートレックのポスターや版画が多数、
展示されています。

右:テオフィル・アレクサンドル・スタンラン 「シャ・ノワール巡業公演のためのポスター」
 1896年 多色刷りリトグラフ ファン・ゴッホ美術館
左:アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 「ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ」 
 1891年 多色刷りリトグラフ 三菱一号館美術館

パIMG_0207

テオフィル・アレクサンドル・スタンラン(1859-1923)は画家、版画家で、特に猫を
題材にした作品で有名です。
キャバレー「シャ・ノワール(黒猫)」のポスターで、この猫はスフィンクスのように
堂々としています。

左はキャバレー「ムーラン・ルージュ」のポスターで、売れっ子ダンサーのラ・グーリュが
大胆なポーズで踊っています。
ロートレックの描いた最初のポスターで、この絵でロートレックは一躍有名になっています。
縦193.8cmの大きな作品で、版を3つ並べてつなぎ合わせてあります。
ポスターとして使われる時は、下の方にその時のイベントが印刷されますが、この絵は
それ以前の段階で、大変貴重な物とのことです。

右:アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 「アリスティド・ブリュアン、彼のキャバレー にて」
 1893年 多色刷りリトグラフ 三菱一号館美術館
中:アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 「エルドラド、アリスティド・ブリュアン」 
 1892年 多色刷りリトグラフ 三菱一号館美術館
左:アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 「コーデュー」 
 1893年 多色刷りリトグラフ 三菱一号館美術館

パIMG_0208

アリスティド・ブリュアンは歌手で、コーデューは喜劇役者です。
アリスティド・ブリュアンは赤いマフラーがトレードマークで、毒舌が売り物だったとのことで、
毒舌が受けるというところに都市文化の成熟を感じます。
この展示室にはアリスティド・ブリュアンやイヴェット・ギルベールの歌声が流れていて、
室内はベル・エポックのパリ気分でした。
二人の歌はYouTubeでも聴くことが出来ます。

版画の大衆化の一方で、版画の芸術性が追求され、豪華な版画集や一点ものの作品が
制作され、富裕な知識階層のコレクターに愛好されるようになったそうです。
大衆化とは逆行する動きが現れるというのも興味深いところです。

右:アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 『「レスタンプ・オリジナル」第1年次の表紙』 
 1893年 多色刷りリトグラフ 三菱一号館美術館
左:カミーユ・マルタン 『「レスタンプ・オリジナル」第2年次の表紙』 
 1894年 多色刷りリトグラフ 三菱一号館美術館

パIMG_0214

第1年次の表紙は、摺り師のコテル爺さんと、仕上がりを調べているダンサーの
ジャヌ・アブリルです。
浮世絵版画と同様、リトグラフも摺り師の腕は重要です。
第2年次の表紙は、feuille(葉)が紙の枚数の単位でもあるので、枯葉が印刷機に
舞い落ちて、印刷された紙となる様を表しています。

「レスタンプ・オリジナル」はアンドレ・マルティが企画し、1893年から95年に
掛けて出版された創作版画集で、毎号10点、100部限定の季刊です。
シャヴァンヌ、ピサロ、ゴーガン、ファンタン=ラトゥール、ルドンなどの作品が
収められています。

右:テオフィル・アレクサンドル・スタンラン 「ボディニエール画廊にて」 
 1894年 多色刷りリトグラフ ファン・ゴッホ美術館
左:アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 「ラルティザン・モデルヌ」 
 1896年 多色刷りリトグラフ 三菱一号館美術館

パIMG_0246

右は展覧会の告知文が加えられる前の刷りで、猫の絵の巧みさからこのまま
室内装飾品になっています。
左は室内装飾の店、「ラルティザン・モデルヌ(現代の職人)」のためのポスターで、
女性の患者の許を医者が訪れるという、いわくありげなテーマを、ハンマーと
道具箱を持ってやって来る職人に替えています。
歯医者の診察台に座っていて、ハンマーとドリルを持った大工に来られたら、
さぞ驚くことでしょう。

右:エドゥアール・ヴュイヤール 『街路「風景と室内」より』 
 1899年 多色刷りリトグラフ ファン・ゴッホ美術館
左:エドゥアール・ヴュイヤール 『吊りランプのある室内「風景と室内」より』 
 1899年 多色刷りリトグラフ ファン・ゴッホ美術館

パIMG_0276

エドゥアール・ヴュイヤール(1868-1940)は室内の情景を好んで描き、
自らアンティミスト(親密派)と名乗っていて、作品にも品の良さが
表れています。

右:モーリス・ドニ 『アムール(愛)』表紙』 
 1898年 多色刷りリトグラフ 三菱一号館美術館
左:モーリス・ドニ 『「アムール(愛)」表紙のための下絵』 
 1898年頃 鉛筆、透明水彩 ファン・ゴッホ美術館

パIMG_0308

「アムール(愛)」はモーリス・ドニが妻のマルトとの婚約中に書いた詩的な日記からの
想を得た連作です。

アンリ・リヴィエール 『「星への歩み」のポストカード』 
 1899年 多色刷りリトグラフ、アイリスプリント(ジークレー) ファン・ゴッホ美術館

パIMG_0323

「シャ・ノワール」で上演された、影絵劇「星への歩み」の各場面を刷ったポストカードです。
アンリ・リヴィエール(1864―1951)は葛飾北斎の「冨嶽三十六景」に倣ったリトグラフ集、
「エッフェル塔三十六景」も制作しています。

今年、パルコミュージアムでは「世界が絶賛した浮世絵師北斎展~冨嶽三十六景・
エッフェル塔三十六景の共演~」が開かれていました。

「世界が絶賛した浮世絵師北斎展」の記事です。

フェリックス・ヴァロットン 「アンティミテ」連作 1898年 木版 三菱一号館美術館

フェリックス・ヴァロットン(1865-1925)のシニカルな黒白の木版画も多数あります。

2014年に同じ三菱一号館美術館で開かれた、「ヴァロットン展」の記事です。

ファン・ゴッホ美術館の所蔵する、ゴッホが収集した浮世絵も展示されています。
浮世絵版画はロートレックたちにも大きな影響を与えています。

パpIMG_0321


ジャヌ・アヴリルやコーデューとのツーショットを撮れる場所もあります。

パIMG_0258

パIMG_0257


展覧会のHPです。


次回の展覧会は「ルドン−秘密の花園」展です。
会期は2018年2月8日(木)から5月20日(日)までです。

img400.jpg

関連記事

【2017/11/14 20:24】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3424-dd655c90

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |