「第73回 春の院展」 日本橋三越本店
三越前
chariot

日本橋三越本店では、「第73回 春の院展」が開かれていて、
今年も約330点が展示されています。
会期は4月9日(月)まで、入場料は一般・大学生800円です。
春の院展の作品は秋の院展に比べ、一回り小さいサイズです。

院展img248 (1)


「カミナリ富士」 村上裕二
院展img248 (2)

全作品集の表紙絵です。
村上さん独特の金と群青で、富士と渦巻く雲をを下から見上げた様を描いています。

「北ぐにの春」 今井珠泉
院展img248 (6)

タンチョウの白と黒、灯台の白と黒、丘の白と茶、流氷の海の白と藍が響き合っています。

「山湖浅春」 川瀬麿士
院展img248 (4)

雪の残る山塊が明け方の光の中に浮かび上がっています。

「プラネット」 村上裕二
院展img248 (3)

天空を人馬が駆ける神話的光景です。

「暖流」 吉村誠司
院展img248 (5)

熱帯魚とさまざまの花が共に描かれていて、花は内側から光を発しているように見えます。
海ガメは大海原に出ていくところだそうです。

関連記事

【2018/04/05 21:48】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • こんにちは。
  • 那波多目さんの牡丹の絵は雨に潤んだ感じがよく出ていて、見事でした。
    小田野尚之さんの田舎の小道と錆びたトタン屋根の景色はいつもながらの味わいでした。

    【2018/04/07 08:25】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • 春の院展
  • 春の院展では那波多目功一さんの牡丹に降る雨がとても美しいと思いました。また昨年同人になられた藁谷実さんのシチリアが
    乾燥した空気を感じさせられ気に入りました。

    【2018/04/07 00:21】 url[マサちゃん #-] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3541-3320570e

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    東京のビルの多い街で暮らしています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |