「戊辰戦争 菊と葵の500日」 竹橋 国立公文書館
竹橋
chariot

竹橋の国立公文書館では、平成30年度第1回企画展、「戊辰戦争 菊と葵の500日」が
開かれています。
会期は6月30日(土)まで、入場無料、日曜日は休止です。

img461.jpg


国立公文書館は国立近代美術館の隣にあります。

ぼIMG_0760


明治150年になるのを記念しての企画で、慶応4年(1868)1月の鳥羽伏見の戦いに始まり、
明治2年(1869)5月の五稜郭の戦いの終結で終わった戊辰戦争に関する資料が
展示されています。
展示室は撮影可能です。

「戊辰所用錦旗及軍旗真図」
ぼIMG_0608

戊辰戦争で新政府軍が用いた錦旗や軍旗は年を経て劣化するので、その姿を後の世に
留めておくため、画家の浮田可成に命じて描かせたものです。

「慶明雑録」
ぼIMG_0619

戊辰戦争についての薩摩藩側の記録です。
展示個所は小銃六番隊監軍、児玉平蔵の書簡で、鳥羽伏見の戦いで、弟の良四郎が
幕府伝習歩兵隊との戦闘で「本込(もとごめ)」を分捕ったとあります。
「本込」とは後装式シャスポー銃のことで、薩摩郡軍の前装式であるミニエー銃より
優れた銃です。

「新撰組手負之者医学所江罷越之儀申上候書付」
ぼIMG_0625

「新撰組手負之者山口次郎医学所江罷越候儀ニ付申上候書付」
ぼIMG_0626

鳥羽伏見の戦いで幕府軍として戦った新選組の隊士が江戸の幕府医学所に
来ることを伝える文書で、江戸城多聞櫓に保管されていました。
近藤勇や医学所頭取の松本良順の名も見えます。

山口次郎とは新選組の撃剣師範を務めた剣豪の斎藤一のことで、会津まで転戦し、
後に西南戦争では警視庁部隊の隊員として西南戦争に従軍しています。
警視庁を退職後は東京高等師範学校附属東京教育博物館(現在の国立科学博物館)や
東京女子高等師範学校(現在のお茶の水女子大学)に勤め、最後は本郷真砂町で
亡くなっています。
師範学校では凄味のある事務員だったことでしょう。

「有栖川宮家記」
ぼIMG_0634

有栖川宮家の記録で、東征軍大総督に任命された熾仁親王の下、参謀として
西郷吉之助(隆盛)の名があります。

「仙台藩記」
ぼIMG_0646

仙台藩の記録で、仙台に到着した奥羽鎮撫総督が仙台藩主に対し、会津藩主
松平容保を討伐するよう命じている部分です。
結局、仙台藩は従わず、逆に総督の参謀の世良修蔵を殺害し、奥羽越列藩同盟の
結成へと進みます。

「佐竹義堯戦争届」
ぼIMG_0659

久保田藩(佐竹藩)12代藩主、佐竹義堯が新政府に提出した、秋田での戦闘の記録です。
久保田藩は奥羽越列藩同盟に入っていましたが、途中で離脱し、南部藩と戦闘を
始めています。
記録には南賊(南部藩)士分藤田繁次郎の首級を奪ったとあり、他にも戦利品として
金子二十六両、西洋太鼓、早合入胴乱(弾薬ケース)などが分捕った者の名前とともに
書かれています。
分捕った金子を着服しなかった兵士も律儀ですが、細かく書き出して報告する
久保田藩も律儀です。

「陸軍裁判所記」
ぼIMG_0674

五稜郭の戦いで降伏し、揚り屋(牢屋)に入れられていた榎本釜次郎(武揚)を、
明治4年に親類預けとした記録です。


戊辰戦争の跡は東京にも残っています。

上野の山の彰義隊士の墓です。
上野戦争は慶応4年(1868)5月15日(新暦では7月4日)に起こり、西郷隆盛らの指揮する
新政府軍のため、半日で壊滅しています。
うIMG_0271

谷中の経王寺には彰義隊士が逃げ込み、新政府軍が射ち込んだ銃弾の跡が
門扉に残っています。
谷中寺2

谷中3


常設展示には日清講和条約、日露講和条約、サンフランシスコ平和条約の
原本も展示されています。

昭和12年に制定された、第1回文化勲章の議案書です。

ぼIMG_0697

ぼIMG_0698

洋画家の岡田三郎助、藤島武二、日本画家の竹内恒吉(栖鳳)、横山秀麿(大観)も
受賞しています。

昭和64年1月7日に小渕恵三官房長官が新元号を発表した時に掲げた、
「平成」の書です。

ぼIMG_0736



展覧会のHPです。


次回の企画展は「平家物語 妖しくも美しき」展です。
会期は7月21日(土)から9月1日(土)までです。

img462.jpg

関連記事

【2018/06/23 17:13】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3585-35d19d1f

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |