『内田正泰 「心の詩」作品展』 丸善丸の内本店 2018/6
丸の内オアゾ内の丸善丸の内本店4階ギャラリーAでは、
『内田正泰 「心の詩」作品展』が6月19日(火)まで開かれています。

内田正泰さん(1922~)は今年96歳で、100色以上の色紙をちぎって貼る、
はり絵の技法によって、懐かしい日本の四季の風景を詩情豊かに
描き出しています。

展覧会では夏の景色を中心にして、新作のはり絵の原画と版画や代表作など、
約50点が展示されています。

「梅雨あけ」 
img494.jpg

梅雨の明けた青い空を白い雲が流れ、緑の野でも雲の影が流れています。

2013年に同じ丸善丸の内本店で開かれた『内田正泰 「心の詩」作品展』の記事です。


梅雨の花、紫陽花の写真も少し載せます。

紫陽花IMG_0209

紫陽花IMG_0205

紫陽花IMG_0792

紫陽花IMG_0779

紫陽花IMG_0780



関連記事

【2018/06/16 17:26】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • こんにちは。
  • はり絵で、このようなこのような心地の良い世界を表すのですから、見事なものです。
    紫陽花のみずみずしさはこの季節の鬱陶しさを和らげてくれます。

    【2018/06/17 18:18】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • ちぎっては投げちぎっては投げ
  •  あ、ちぎっては「貼り」でしたか、失礼。
     アジサイが綺麗な季節が来ましたね。ああ、鬱陶しい(笑

    【2018/06/17 15:27】 url[miss.key #eRuZ.D2c] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3596-b5930b52

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    東京のビルの多い街で暮らしています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |