FC2ブログ
「山田純嗣展 絵画をめぐって―2・3・2―」 日本橋髙島屋美術画廊X
日本橋
chariot

日本橋髙島屋美術画廊Xでは「山田純嗣展 絵画をめぐって―2・3・2―」が
開かれています。
会期は6月25日(月)までです。

山田img504 (1)


山田純嗣さん(1974-)は長野県飯田市出身で、名画を立体化し、それを撮影した
写真の上にエッチングやペインティングを重ねる、「インタリオ・オン・フォト」と
名付けた技法によって制作しています。

葛飾北斎の「諸国瀧廻り 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ瀧」を高さ70㎝の立体にした物です。
山田img504 (5)

粘土などで出来ていて、瀧の部分には箔を貼ってあります。
2次元の浮世絵が3次元化されて、面白い造形です。 

インタリオ・オン・フォトによる平面作品です。
山田img504 (6)

また2次元に戻っていて、モノクロ写真のネガに彩色したような、ちょっと不思議な景色です。

酒井抱一の「夏秋草図屏風」の夏の部分を立体化しています。
山田img504 (4)

揺れる夏草が手前に浮き出ています。

インタリオ・オン・フォトによる平面作品です。
山田img504 (3)

夏草が浮彫のような感じになります。

仙厓の「〇△□」のインタリオ・オン・フォトもあります。
山田img504 (2)

後から描いた線が上になっています。
地の部分には仙厓の絵などがぎっしり詰まっています。

平面から立体、立体から平面と移す過程で加工が入って、原作とは違った世界が
見えてくる、なかなか面白い造形です。


日本橋髙島屋では中原淳一の原画を人形にした、スーパードルフィーが
展示されていました。

なIMG_0478

なIMG_0477

なIMG_0482

なIMG_0480

なIMG_0485

なIMG_0483

関連記事

【2018/06/21 19:12】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3598-a8bf2c4b

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |