「人麿影供900年 歌仙と古筆」展 丸の内 出光美術館
日比谷・有楽町
chariot

丸の内の出光美術館では「人麿影供900年 歌仙と古筆」展が開かれています。
会期は7月22日(日)までです。

img346_20180427220559405.jpg

平安時代に優れた和歌を詠んだ歌人たちは歌仙と呼ばれ、後に「歌仙絵」として
描かれています。
特に柿本人麻呂(660頃~724)は歌仙の筆頭とされ、多く描かれています。
人麿影供(えいぐ)とは柿本人麻呂を祀る儀式で、元永元年(1118)に藤原顕季
(1055~1123)が人麻呂の画像を祀って、歌を献じたことに始まるとされています。
今年は人麿影供が始まって900年ということで、柿本人麻呂を中心にした歌仙絵や、
歌仙の名歌を記した古筆が展示されています。

「佐竹本三十六歌仙絵巻 柿本人麿」 
    伝藤原信実 鎌倉時代 重要文化財

やまと絵008

大名の佐竹家に伝わった鎌倉時代の三十六歌仙絵巻です。
三十六歌仙とは藤原公任(966~1041)の選んだ、36人の優れた歌人のことです。
元は2巻の絵巻だったのが、大正時代に巻頭部分の「住吉明神」を含め、
37枚に切断されたものです。

柿本人麻呂は直衣に、烏帽子、右手に筆、左手に紙を持って座った老人の姿です。
平安時代に、歌人の藤原兼房(1001~1069)が夢の中で人麻呂に会ったという
逸話があり、その時見たという姿で人麻呂は描かれるようになったということです。

 ほのゝとあかしのうらのあさきりにしまかくれゆく舟をしそおもふ

「三十六歌仙図」  鈴木其一 弘化2年(1845)
琳005

尾形光琳の描いた三十六歌仙図屏風を元にしています。
掛軸ですが、表装の扇面流しや錦の模様も鈴木其一が描いています。
軸も螺鈿を使っていて豪華です。

描かれているのは35人で1人足りないのは高貴な身分の斎宮女御(徽子女王)を
御簾によって暗示しているためとのことです。

右側の矢を背負った武官の装いの美男子は在原業平でしょう。
琳006

時代も違った人たちですが、わいわいと賑やかに集まって、皆楽しそうです。

「西行物語絵巻」 第一巻 絵:俵屋宗達 詞:烏丸光広 
 寛永7年(1630) 重要文化財
img524.jpg

鳥羽院が歌人たちに命じて、御所の障子絵を和歌に詠ませた時、北面の武士だった
佐藤憲清(後の西行)が一際優れた歌を詠み、剣や衣を賜る場面です。

古筆手鑑  「見努世友」 国宝 
古004

全部で229葉、聖武天皇に始まり、光明皇后、後鳥羽天皇、後醍醐天皇、藤原俊成・定家、
平清盛・忠度、源頼朝・実朝、新田義貞など歴史上の著名人のオンパレードです。
当時の古筆鑑定は、書風から書かれた時代を推測し、その時代の代表的人物の筆と
特定するという方法なので、このような華麗な構成になるようです。
「見努世友」は兼好法師の徒然草の一文、「ひとり燈のもとに文をひろげて見ぬ世の人を
友とするぞこよなう慰むわざなる。」に拠っています。

「継色紙」 伝小野道風 平安時代 10世紀 出光美術館 重要文化財
書img435 (1)

「継色紙」は平安時代の名筆の一つで、「寸松庵色紙」、「升色紙」とともに、
「三色紙」と呼ばれています。
元は万葉集、古今和歌集などの和歌を集めた冊子本で、優美な仮名の散らし書きで
書かれています。

 むめのかの ふりおく ゆきにうつり せは
  たれかは ゝなを わきて をらまし

「高野切第一種」 伝紀貫之筆 平安時代 出光美術館蔵 重要美術品
古005

「高野切」は現存する古今和歌集最古の歌集で、一部が高野山に伝来したので
この名が付いています。

 寛平のおほんときのきさいのみやの
 うたあわせのうた
           よみひとしら須
 むめのかをそてにうつしてととめては
 はるはすくともかたみならまし

寛平御時后宮歌合は寛平年間(889~893)に宇多天皇の母后班子の催した
歌合せです。
歌を寄せた紀貫之、紀友則、壬生忠岑らは三十六歌仙に選ばれています。


次回の展覧会は、『「江戸名所図屏風」と都市の華やぎ』展です。
会期は7月28日(土)から9月9日(日)です。

関連記事

【2018/07/05 20:01】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3601-6f943518

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |