FC2ブログ
「フェルメール展」 上野の森美術館
上野
chariot

上野の森美術館では、「フェルメール展」が開かれています。
会期は2019年2月3日(日)まで、日時指定入場制です。
当日券の発売も若干あるようです。

フェルメールimg226 (1)


確認されている作品が30数点という、オランダの画家、ヨハネス・フェルメール
(1632-1675)の作品が9点(1点は1月9日から)展示されるという展覧会です。

私は平日の朝9時30分から10時30分の入館を予約しました。

音声ガイドが無料で貸し出されます。

まず2階のオランダ絵画の展示に進みます。
特にピーテル・デ・ホーホの「人の居る裏庭」(1663-1665年頃 
アムステルダム国立美術館)が印象に残りました。

次に1階に降りるとフェルメールの作品が展示されています。

展示されている作品は以下の通りです。
 
「マルタとマリアの家のキリスト」 1654-1655年頃 スコットランド・ナショナル・ギャラリー
フェルメールimg226 (3)


「牛乳を注ぐ女」 1658-1660年頃 アムステルダム国立美術館
フェルメールimg226 (2)


「ワイングラス」 1661‐1662年頃 ベルリン国立美術館 (日本初公開)
フェルメールimg226 (4)


「リュートを調弦する女」 1662-1663年頃 メトロポリタン美術館

「真珠の首飾りの女」 1662-1665年頃 ベルリン国立美術館
ベ009


「手紙を書く女」 1665年頃 ワシントン・ナショナル・ギャラリー
フェ004


「赤い帽子の娘」 1665-1666年頃 ワシントン・ナショナル・ギャラリー (日本初公開)

「手紙を書く婦人と召使い」 1670-1671年頃 アイルランド・ナショナル・ギャラリー
フェルメールimg226 (5)


「取り持ち女」 1656年 ドレスデン国立古典絵画館 (日本初公開、1月9日から展示)

初期の宗教画、風俗画もあり、モデルが同じ金色の上着を着た、「リュートを調弦する女」
「真珠の首飾りの女」「手紙を書く女」の3点も並んでいます。 

手紙を題材にしたフェルメールの作品3点が展示された、2011年にBunkamura
ザ・ミュージアムで開かれた、「フェルメールからのラブレター展」の記事です。

小さな美術館でのフェルメール展というのは、大変な混雑になるのではないかと
心配しましたが、日時指定入場制のおかげで、思ったほどの混雑なしで鑑賞できました。
これが日時指定入場制でなかったら、とんでもないことになっていたでしょう。

展覧会のHPです。

関連記事

【2018/10/18 22:06】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3689-297bbc29

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |