FC2ブログ
「伊藤哲 日本画展」 東武百貨店美術画廊
池袋
chariot

池袋の東武百貨店の美術画廊では、「伊藤哲 日本画展」が11月7日(水)まで
開かれています。

伊藤哲img259 (3)


伊藤哲さん(1962~)は千葉県出身で、東京藝術大学油画科を卒業し、
版画専攻修士課程を修了しています。

描くのは日本画で、江戸琳派の作風を継承し、2016年には酒井抱一以来の雅号、
「雨華庵(うげあん)」を襲名しています。
「雨華庵」は抱一の住居の名でもあります。

「重陽花」 
伊藤哲img259 (4)

金箔地にくっきりと菊、薄、女郎花が描かれています。
酒井抱一の「秋草鶉図」を思わせます。

「降臨せし風雷神」
伊藤哲img259 (1) 伊藤哲img259 (2)

尾形光琳は俵屋宗達の「風神雷神図屏風」を模した屏風を描いています。
酒井抱一はその屏風の裏に「夏秋草図屏風」を描いていて、
風神図の裏に、風に晒されて揺れる秋草を、雷神図の裏に、
雨に打たれてうなだれる夏草を合わせています。
この作品は「夏秋草図屏風」の中に風神雷神を降臨(光琳)させていて、
宗達、光琳、抱一という琳派の流れが揃っています。

参考
「風神雷神図屏風」 尾形光琳 東京国立博物館 重要文化財
東003

参考
「夏秋草図屏風」 酒井抱一 東京国立博物館 重要文化財
抱一夏7-11-2010_001抱一秋7-11-2010_002

関連記事

【2018/11/03 16:42】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3703-6054b863

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |