FC2ブログ
「生誕110年 東山魁夷展」 国立新美術館
乃木坂
chariot

六本木の国立新美術館では「生誕110年 東山魁夷展」が開かれています。
会期は12月3日(月)までで、火曜日は休館日です。
11月12日までの前期と14日からの後期で、一部展示替えがあります。

東山img268 (1)


東山魁夷(1908-1999)の本格的な回顧展で、初期の作品から
唐招提寺御影堂の大障壁画まで、約70件が展示されています。

「残照」 1947年 東京国立近代美術館
近代002

初期の作品で、1947年に日展で特選を受け、その後の東山魁夷の作風の
原点となった作品です。
山々の連なりは夕日を受けてその姿を見せています。
厳粛ともいえる静謐な画面で、写実を基本にしていますが、東山魁夷の特徴の
象徴性も感じられます。

「道」 1950年 東京国立近代美術館
img303_20181109150557e7d.jpg

代表作で、戦時中の1942年に青森県八戸市の種差海岸で描いたスケッチを
基にしています。
単純化された画面で、奥に向かう道は観る人の想像力を掻き立てます。

「秋翳」 1958年 東京国立近代美術館
東山img281 (4)

空と三角形の紅葉した山だけで構成されています。
赤色の絵の少ない東山魁夷ですが、この作品は赤色でつくり上げています。

「花明り」 1968年 株式会社大和証券グループ本社
東山img281 (3)

京都東山に昇る月に照らされた枝垂れ桜です。
桜越しに見上げる月には、かさがかかっています。
東山魁夷は親交の深かった川端康成に、京都らしい風景の残っている
今のうちに描くように奨められたのがきっかけで、京都の四季に取組んでいます。

「晩鐘」 1971年 北澤美術館
東山img281 (6)

ドイツのフライブルクの丘から見た夕暮れの情景で、手前に大聖堂、向こうに
聖心教会の屋根が見えます。
西の空にかかる薄雲から淡い光が町に差しています。
東山魁夷は東京美術学校卒業後にベルリンに留学しており、ドイツなどの
北方ヨーロッパに親しみを持っています。
展覧会でも、ドイツや北欧に旅行した時の情景を題材にした作品が何点も
展示されています。

「春を呼ぶ丘」(部分) 1972年 長谷川町子美術館
東山011

丘にカラマツ、麓に芽吹き始めたケヤキのような木々、畑には青々とした麦が見えます。
東山魁夷は作品によく描かれる白馬について、「心に内在しているものの象徴、
心の祈りとでもいうべきもの」と述べています。

「緑響く」 1982年 長野県信濃美術館 東山魁夷館
東山img281 (5)

長野県茅野市の御射鹿池(みしゃかいけ)の情景です。
人工の溜池で、平らな水面には木々と、そして絵に現れた白馬が映っています。
空を描かず、画面を同じ色で埋め尽くすのも、東山魁夷の特徴の一つです。

「行く秋」 1990年 長野県信濃美術館 東山魁夷館
東山img281 (2)

ドイツのハンブルクで婦人に、ドイツの落ち葉は木の形に落ちると言われ、
その通りだったことに触発されて描いた作品とのことです。
木の形に落ちるとは、風に吹き飛ばされず、真っ直ぐ下に落ちる、という意味でしょうか。
金砂子を撒いて明るく輝かせた画面で、東山魁夷は落ち葉を、「荘重で華麗な自然の
生命の燃焼」と表現しています。

唐招提寺御影堂は江戸時代の建築で、現在は国宝の鑑真和上坐像が納められています。
東山魁夷は御影堂の障壁画の制作に取組み、1971年から10年かけて完成させました。
会場には「山雲」「濤声」「黄山暁雲」「揚州薫風」「桂林月宵」が展示されています。

「唐招提寺御影堂障壁画 濤声」(部分) 1975年 唐招提寺
東山img281 (7)

東山img281 (1)

襖の置かれていた部屋が再現され、襖一面に鑑真和上が苦難の末、
唐より渡ってきた海が広がっています。
その前に立つと、寄せる波の音が聞こえ、吹く潮風を感じます。
この展覧会で最も印象深い作品です。

「唐招提寺御影堂障壁画 揚州薫風」(部分) 1980年 唐招提寺
東山img281 (10)

鑑真和上の故郷、中国の風景は水墨画で描かれています。
長江(揚子江)を堰き止めた痩西湖の岸沿いの柳が風になびいています。
揚州は鑑真和上の出身地で、来日前に住職を務めていた大明寺も揚州にあります。

障壁画の大きく広がる空間からは、東山魁夷の持つ深い精神性が伝わります。

人気の高い展覧会で、私は平日の午前に行きましたが、かなりの来場者がありました。

展覧会のHPです。

関連記事

【2018/11/06 19:18】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • こんばんは。
  • 東山魁夷の絵にはロマンチックなところがあります。
    それが人気のある理由の一つでしょう。

    【2018/11/07 23:47】 url[chariot #/wYFY6w6] [ 編集]
  • この人の絵は日本画と乙女のメルヘンの中間にある気がします。とてもおっさんが描いた絵とは思えん(笑

    【2018/11/07 22:25】 url[miss.key #eRuZ.D2c] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3705-981669fc

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    東京のビルの多い街で暮らしています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |