FC2ブログ
「日本を変えた千の技術博」 国立科学博物館
上野
chariot

上野の国立科学博物館では特別展、「日本を変えた千の技術博」が開かれています。
会期は2019年3月3日(日)までです。

img313.jpg

img314_20181113175150eb6.jpg

会場は撮影可能です。

小学用掛図 1876(明治9)年
ぎIMG_0040

アメリカの「学校・家庭用掛図」を日本語に訳した物で、全8点のシリーズになっています。
西南戦争の前年にはすでに近代教育がかなり進んでいたことが分かります。

蘇言機 重要文化財 1878(明治11)年
ぎIMG_0089

録音機で、エジソンの発明を聞いたイギリス人ユーイングが製作し、日本に持参して、
1878(明治11)年に東京大学で日本初の録音・再生実験を行なっています。

国産1号電話機(レプリカ) 工部省製 1878(明治11)年
ぎIMG_0085

キログラム原器とメートル原器の運搬容器 1890(明治23)年
ぎIMG_0056

キログラム原器(レプリカ)
ぎIMG_0052

日本のメートル条約加入により、フランスから運ばれてきた原器の容器です。
日本は1891(明治24)年にメートル法を導入しています。

タカジアスターゼの薬瓶と紙箱 三共製
ぎIMG_0100

高峰譲吉は麹菌から消化酵素のジアスターゼを抽出し、タカジアスターゼと命名して
1894(明治27)年に特許を取っています。
夏目漱石の「吾輩は猫である」では、胃の悪い苦沙弥先生がよく飲んでいます。

江戸時代から現代までのカイコの標本
ぎIMG_0167

絹は戦前の日本の主要な輸出品でした。

第一号ナイロン紡糸機 1942(昭和17)年
ぎIMG_0156

日本で初めてナイロンの糸を紡いだ糸機です。

コマツブルドーザーG40(小松1型均土機) 小松製作所製 1943(昭和18)年
ぎIMG_0185

日本海軍はフィリピンを占領した際に、アメリカ軍のブルドーザーの威力に驚き、
日本での開発を急ぎ、小松製作所のトラクターに油圧式ブレードを付けて、
ブルドーザーにしています。
この機体はフィリピンに送られ、飛行場整備などに用いられたうちの1台です。
戦後はアメリカ軍により海中に投棄されましたが、船の航行の邪魔になるというので
引上げられ、まだ稼働することが分かったので、長くオーストラリアの農場で
使われていましたが、1979(昭和54)年に日本に帰っています。
前部に日本海軍のマークが付いています。
ぎIMG_0184

Isoma射出成形機 1943(昭和18)年輸入
ぎIMG_0148

太平洋戦争中の日本は同盟国のドイツからさまざまな技術を導入しています。
プラスチック成形用の射出成形機で、ドイツの潜水艦Uボートで運ばれてきました。
戦後、日本ではこの射出成形機が原点となっています。

二式一一五〇馬力発動機 中島飛行機武蔵野製作所製 1943(昭和18)年
ぎIMG_0128

中島飛行機の製作したエンジンは陸軍の隼、海軍の零戦などに搭載されました。
零戦の対抗機となったアメリカのグラマンF6Fヘルキャットのエンジンは零戦の倍の
2000馬力あり、国力の差が現れています。

マツダ コスモスポーツ 東洋工業製 1967(昭和42)年
ぎIMG_0134

実用的ロータリーエンジンを搭載した市販車で、世界的に有名になりました。

セイコー クオーツアストロン35SQ セイコー製 1969(昭和44)年
ぎIMG_0107

世界初のクオーツ(水晶)式腕時計で、日差±0.2秒という高い精度を達成しています。

日本語ワードプロセッサJW-10 東芝製 1979(昭和54)年発売
ぎIMG_0232

初の日本語ワードプロセッサで価格は630万円でした。

エンタテインメントロボット AIBO ERS-110 ソニー製 1999(平成11)年
ぎIMG_0243

2006年に製造が中止されましたが、2017年に後継機aiboが登場しています。

ミュージアムショップには中島飛行機のエンジンのTシャツもありました。

ぎIMG_0257

展覧会のHPです。

関連記事

【2018/11/22 22:23】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3710-6455087c

プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |