FC2ブログ
「山﨑鈴子展 花に尋ねる」 日本橋髙島屋
日本橋
chariot

日本橋髙島屋美術画廊では「山﨑鈴子展 花に尋ねる」が開かれています。
会期は11月27日(火)までです。

山﨑鈴子さん(1983-)は東京都出身の日本画家で、京都造形芸術大学
大学院博士課程を修了しています。
作風は繊細で写実的で、展覧会では花の絵を中心に展示されています。

「現世図」
山﨑img344 (4)

横480㎝の大きな作品で、右から左に、蓮の花のつぼみがふくらみ、
大輪の花が咲き、花びらが散り、葉も枯れていく様を描いています。
蓮の花は日本画の伝統的な画題で、季節の移ろいはこの世の無常を表します。

「常世図」
山﨑img344 (2)

松崎img348

こちらも横480㎝の作品で、霧の中にニ本の松の木が立ち上がり、
間を一匹の黒揚羽が飛んでいます。
松は常世(とこよ)の象徴で、蝶は常世に遊ぶ己れの姿かもしれません。

下村観山の「老松白藤」(1921年)では一匹の熊蜂が飛んでいたのを思い出します。
下村観山の「老松白藤」は広尾の山種美術館で1月20日まで開かれている、
「皇室ゆかりの美術」展に展示されています。

「始まりの朝」
山﨑img344 (3)

京都造形芸術大学での師、千住博さんに倣った作品で、濃い紫色の空が
明け初めた中に、木々のシルエットが浮かび上がります。

関連記事

【2018/11/24 15:02】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3719-be2bde76

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |