FC2ブログ
「富士屋ホテルの営繕さん 建築の守り人」展 京橋 LIXILギャラリー
京橋
chariot

京橋のLIXIL:GINZA2階のLIXILギャラリーでは2月23日(土)まで、
「富士屋ホテルの営繕さん 建築の守り人」展が開かれています。
場所は中央区京橋3-6-18で、水曜日は休館日です。

img409.jpg


箱根町宮ノ下で明治11年(1978)に創業した富士屋ホテルの営繕業務を紹介する展示です。
営繕とは建物の新築や修繕を行なう業務をいいます。
4月からの大規模改修の機会を利用した企画です。

えIMG_0288


本館は明治24年(1891)の竣工で、唐破風のある和洋折衷の意匠です。
富士屋ホテルは外国人を対象として開業しており、日本建築を取り入れています。

えIMG_0335


ティーラウンジのオーキッドです。

えIMG_0321


階段の日本情緒を演出する朱塗りの欄干は10年ほど前に営繕が
製作したものです。

えIMG_0291


本館フロントのコンシェルジュコーナーのデスクやパンフレットホルダーも
営繕による製作です。

えIMG_0289


西洋館は明治39年(1906)の竣工で、唐破風や玄関横の花頭窓が和風です。

えIMG_0330


花御殿は昭和11年(1936)の竣工で、鉄筋コンクリート5階建てです。
毎年の箱根駅伝の中継で、宮ノ下のカーブの場面で映る花御殿ですが、
今年は工事のシートに覆われていました。

えIMG_0332


スイートルームの「菊」の内装は宮大工が手掛けています。

えIMG_0350


菊華荘は明治28年(1895)高松宮家別邸として宮内省内匠寮が建てた純和風建築ですが、
終戦直後の昭和21年(1946)に払い下げを受けています。

えIMG_0342


檜風呂は水漏れしないように作るのが難しいのですが、営繕が製作しています。

えIMG_0345


手作り感のある看板も営繕の仕事です。

えIMG_0353


メニューの印刷もかつては営繕さんの仕事でした。

えIMG_0302


富士屋ホテルには本館、西洋館、花御殿、菊華荘など様々な様式の建築がありますが、
それを支える営繕さんの仕事ぶりを知ることの出来る、興味深い覧会です。

展覧会のHPです。

関連記事

【2019/01/12 18:30】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • こんにちは。
  • 甲府富士屋ホテルは4月から運営会社が別の会社になり、ホテルとしては営業を続けるようです。
    そういえば、東京駅にあった八重洲富士屋ホテルが2014年に運営会社が変わったのを思い出しました。

    【2019/01/14 15:27】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • 甲府の富士屋ホテルさん閉店ですって。山梨に行った時はよく利用していたんですが、寂しいわあ。

    【2019/01/14 12:06】 url[miss.key #eRuZ.D2c] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3739-457249ae

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |