FC2ブログ
「所蔵資料展」 新宿区立新宿歴史博物館 
四谷三丁目・曙橋
chariot

新宿区立新宿歴史博物館では、「所蔵資料展、「新宿の遺跡2019 
[特集] 尾張徳川家戸山屋敷とその周辺」が開かれています。
会期は5月12日(日)までです。
場所は新宿区三栄町22です。

しIMG_0974

新宿img719 (1)


新宿区で最近発掘された遺跡を紹介する展示です。

旧石器時代
都営大江戸線若松河田駅近くの若松町遺跡では約2万年前の旧石器時代の
遺跡が発見されています。
石器や石器を作る時に出来た剥片が出土し、ここで石器を作っていたことが分かります。
材料はここから80㎞以上離れた、箱根町畑宿の黒曜石です。
新宿img719 (2)

縄文時代
新宿区には約13000年前の縄文時代草創期から人が暮らしており、約5000年前の
縄文時代中期には大規模集落が出現しています。
目白大学構内を中心とする落合遺跡では縄文時代中期の竪穴住居跡が101軒があり、
最近の発掘で更に6軒が発見されています。
底を打ち欠いて床面に逆さまに置かれた土器も出土しており、何かの儀礼と
考えられています。
新宿img719 (3)

弥生時代
新宿区では紀元1世紀頃には本格的な農耕社会が始まったと思われます。
白銀公園周辺の白銀町西遺跡では弥生時代の住居跡6軒と方形周溝墓1基が
確認されています。
住居跡1軒と方形周溝墓は弥生時代中期後葉のもので、住居跡からは
ほぼ完全な形の宮ノ台式の区内最古の弥生土器の壺が出土しています。
新宿img719 (4)

古墳時代
牛込の北町・中町・南町周辺では古墳時代の竪穴式住居跡があり、
最近の調査で更に北町で13軒、発見されています。

江戸時代

地鎮遺構
新宿img719 (6)

白銀町遺跡では旗本屋敷跡から地鎮遺構が派遣されています。
1m四方ほどの穴に2枚の素焼きの皿を向かい合わせにしたものを5組据え、
約170枚の銅銭が撒かれています。

火災被災資料
新宿img719 (5)

払方町遺跡は中下級の旗本屋敷のあった所で、享保期の火災で焼けた
陶磁器類が発掘しています。
700石の松下家の家財道具と考えられ、高級な鍋島焼も含まれています。

尾張徳川家下屋敷(戸山屋敷)
新宿img719 (7)

諏訪通り、明治通り、大久保通りに囲まれ、国立国際医療研究センターや
戸山公園のある一帯は尾張徳川家の下屋敷で、13万6千坪もありました。

学習院女子中・高等科グラウンドからは屋敷を囲む御堀が発掘されています。
新宿img730

大久保通り近くにあった表御殿と家来の長屋の間の跡からは多くの陶磁器が
出土しています。

色絵獅子耳筒口形花入生
新宿img719 (11)

上品な作で、18世紀の京焼と思われます。

池泉回遊式庭園の御泉水や園路
新宿img719 (8)

早稲田大学戸山キャンパスの隣には龍門滝という滝が造られ、
御泉水の水を落としていました。
新宿img719 (9)


展覧会のHPです。


常設展示には所々に撮影スポットが設けられています。

鉄文字徳利が並んでいます。
しIMG_0970

鉄文字徳利は鉄釉で商標や店名・屋号などを書いた陶器の酒瓶です。
量り売りの酒を入れて客に貸していて、通い徳利、貧乏徳利とも呼ばれています。
信楽焼の狸が通い帳と一緒に持っているのが通い徳利です。
江戸時代にはまだ鉄文字は稀で、器面を傷つけて文字を刻んでいたそうです。
産地は岐阜県多治見市の高田町や小名田町辺りですが、ガラスの一升瓶の
普及と共に廃れています。

甲州街道の宿場町である内藤新宿の模型です。
しIMG_0952

新宿は内藤家が拝領した土地で、そこに宿場が開かれました。
右上に玉川上水が流れ、桜並木が植えられています。
玉川上水は四谷大木戸まで続き、そこから暗渠になって江戸市中に
水を配っていました。

四谷駅近くにあった菓子店で、耐火性に優れた蔵造りになっています。
しIMG_0957

しIMG_0959

階段たんすから猫が見ています。
しIMG_0960

東京市電の5000形が復元展示されています。
しIMG_0963

昭和初期に流行した文化住宅です。
しIMG_0965

日本建築の住宅に洋間を継ぎ足した、和洋折衷の一つの形です。

以前、「新宿歴史博物館」に行った時の記事です。

関連記事

【2019/04/24 22:00】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3826-1f9b32c7

プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |