FC2ブログ
「唐三彩―シルクロードの至宝」展 丸の内 出光美術館
有楽町・日比谷
chariot

丸の内の出光美術館では「唐三彩―シルクロードの至宝」展が開かれています。
会期は8月25日(日)までです。

img748.jpg

唐三彩は唐時代(618~907)の彩釉陶器で、緑、褐色、白色を中心に様々な色の
釉薬で彩られています。
人物、動物、器などをかたどっていますが、多くは日用品ではなく、お墓の副葬品
(明器)として作られています。


三彩騎駝人物
唐三彩img919 (4)

唐時代は西域との交流の盛んな時代で、ラクダを連れた胡人(ソグド人)の
隊商が行き来していました。
ソグド人はイラン系で商業に長け、シルクロードの交易を担っていました。
玄宗皇帝時代に反乱を起こした安禄山もソグド系の人物です。
筒袖にズボン、ブーツを履き、独特の帽子を被った胡人が乗っていて、
鞍の敷物の緑が映えます。
顔も異国風で、口ひげを生やし、鼻も高いワシ鼻です。

フタコブラクダは中国北西部に生息し、シルクロードの輸送手段として
利用されました。
ラクダの隊商は唐の人たちにとって、日本の戦国時代の南蛮船のように、
心ときめく情景だったのでしょう。

緑釉駱駝人物 隋時代
唐三彩img921 (1)

唐に先立つ隋時代の作です。
隊商のリーダーがまさに出発しようとして、ラクダが立ち上がる瞬間を捉えています。
ラクダの背には大きなブーツや水筒にする偏壷などが載っています。

三彩胡人
唐三彩img919 (2)

水鳥形の容器を持ち、片足を上げて座っています。
深目高鼻と呼ばれる、大きな目、高い鼻をしていて、髪も巻き毛です。

三彩馬
唐三彩img919 (3)

脚が長く、いかにも速そうな馬です。
鞍に掛けた毛織物や飾りの杏葉などに藍釉が掛けてあります。

  胡馬依北風 越鳥巣南枝

藍色は特に好まれたようで、器の全面に藍釉を施した器も展示されています。

三彩騎馬人物
女性の騎馬像も何点か展示されています。
唐時代には女性も馬に乗っていて、楊貴妃の姉たちも騎馬で参内していたそうです。
唐は北方民族の王朝なので、女性も騎馬に慣れていたのでしょうか。

三彩女子
唐三彩img921 (2)

蓮の花を手にした女性が腰掛けています。
初唐の細身の女性が好まれた頃の作で、ほっそりした姿です。

盛唐時代になると、ふっくらとした女性が美人とされていて、豊かな頬の女性を
かたどった女子像も展示されています。
玄宗皇帝も楊貴妃に、お前は風が吹いても飛ばされないだろうと言って、
からかっています。
その昔、楚の霊王は細腰の女性を好んだので、宮中では食事をせず
餓死する者が多かったそうです。

三彩貼花文壺(万年壺)
唐三彩img919 (7)

死後も永遠に飲食できるようにとのことで、万年壺と呼ばれています。
貼花文は粘土で作った模様を器に貼り付ける技法です。

三彩蓮花瑞鳥文三足盤
唐三彩img919 (5)

型作りの器で、見込みに蓮花文と瑞鳥文があり、周りをろう抜技法による
白斑文が囲んでいます。

三彩貼花騎馬人物文水注
唐三彩img919 (6)

西域の金属器やガラス器の形を採り入れた、異国風のデザインです。
胴には騎馬人物とグリフィンを貼り、把手は竜が口縁を噛んだ形をしています。

三彩印花牡丹文稜花長盤 遼時代
唐三彩img919 (1)

北方の契丹族の国、遼でも唐三彩を採り入れた遼三彩を作っています。
型作りで、牡丹と蝶をあしらっています。
また、西方でもペルシャ三彩と呼ばれる、三彩風の陶器が作られています。
ただ、遼三彩もペルシャ三彩も唐三彩より時期はかなり遅れるため、
その関係ははっきりしないそうです。

展覧会のHPです。

次回の展覧会は「奥の細道330年 芭蕉」展です。
会期は8月31日(土)から9月29日(日)です。

img922.jpg


美術館に入った途端、夕立になり、ロビーから見える皇居の景色も雨にくもりましたが、
見終わる頃には止んでいました。

出IMG_0437

出IMG_0442

  夏の日の俄かにくもる夕立のおもひもかけぬ世にもあるかな   古今和歌六帖

関連記事

【2019/06/27 19:43】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • こんにちは。
  • コメント、有難うございます。
    唐三彩というと緑や黄色を思い出しますが、藍釉の作品も見事でした。

    【2019/08/17 12:42】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • コバルトブルーの陶磁器も目が冴える色彩、唐三彩もテラコッタ造形も凄く写実的でした!

    【2019/08/16 20:27】 url[pinewood #mdX0xzVk] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3886-3fb09a29

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |