FC2ブログ
「ラグビーワールドカップ 2019日本大会」応援プロジェクト
東京
chariot


アート・プログラム「ART SCRUM」は9月20日から11月2日まで全国各地で開かれる、
ラグビーワールドカップ 2019日本大会の応援プログラムです。

img923.jpg


大会のオフィシャルスポンサーである三菱地所株式会社の企画で、ラグビー経験のある
アーティスト15名によるラグビーボールをテーマにした作品が展示されています。
現在は丸ビル1階のマルキューブに展示され、その後、横浜、大阪、大分、箱根と
巡回します。

ラIMG_0415

ラIMG_0373


小澤征爾 「大好きな革のラグビーボール」 成城学園中学校 プロップ 背番号3
ラIMG_0376

O JUN 「秩父宮北側スタンドから19,364日目」 
 東京藝術大学ラグビー部 左ロック 背番号4
ラIMG_0379

河北秀也 「ガンバレ! JAPAN RUGBY」 
 東京藝術大学ラグビー部 フッカー 背番号2
ラIMG_0385

日の丸色のラグビーボールです。

小林孝亘 「静物としてのラグビーボール」 
 愛知県立芸術大学ラグビー部 スタンドオフ 背番号10
ラIMG_0388

小林さんらしく、静かなたたずまいのラグビーボールです。

坂茂 「木造ラグビー“ボール”パーク」 
 成蹊学園ラグビー部 ナンバーエイト 背番号8
ラIMG_0406

永山裕子 「やかん」 東京藝術大学ラグビー部 マネージャー
ラIMG_0397

試合には欠かせない、魔法の水の入ったやかんです。

名和晃平「Flesh Ball」 京都市立芸術大学ラグビー部 スタンドオフ 背番号10
ラIMG_0400

橋本夕紀夫 「CRAFT SCRUM」 愛知県立芸術大学ラグビー部 右ロック 背番号5
ラIMG_0403

舟越桂 「あの頃のボールをうら返した。」 
 和光学園、東京造形大学、東京藝術大学ラグビー部  右センター 背番号13
ラIMG_0410

舟越さんは東京造形大学時代に自分でラグビー部を創立しています。

三沢厚彦 「animal2019-01-c(シロクマ、ラグビー)」 
 東京藝術大学ラグビー部 フルバック 背番号15
ラIMG_0413


丸ビルの外にも巨大なラグビーボールが据えられています。

ラIMG_0420


丸の内仲通りでもベンチアートで大会を盛り上げています。

スケートの羽生弓弦選手とラグビーボール
ラIMG_0417

ラグビーボールを持つ栃ノ心関
ラIMG_0444

ボールを持ったら突破力はすごそうです。

ニュージーランド出身のリーチマイケル選手
ラIMG_0423

開催地の一つが熊本県なので、熊本県職員のくまモンも広報活動を行なっています。
ラIMG_0427

チコちゃんは大人気で、たくさんの人が一緒に記念写真を撮っていました。
ラIMG_0433

ベンチに置いてある傘は、ボーっと生きている人が忘れて行ったようです。

関連記事

【2019/06/28 20:29】 街歩き | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3887-d02c42d3

プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |