FC2ブログ
「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」展 国立西洋美術館
上野
chariot

上野の国立西洋美術館では日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念
「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」展が開かれています。
会期は9月23日(月・祝)までです。
常設展の観覧券、または「松方コレクション展」の観覧券でご覧いただけます。

img949.jpg


1848年に設立されたフィンランドで最初の美術学校であるフィンランド芸術協会の
素描学校では、創立当初から男女平等の教育が行われ、多くの女性芸術家を
育てたということです。
1917年のロシアからの独立も女性の立場や役割に大きな変化を与えています。


展覧会ではフィンランド国立アテネウム美術館の所蔵する、フィンランドの
女性芸術家たちの作品、約90点が展示されています。
会場は撮影可能です。

ヘレン・シャルフベック(1862-1946)はフィンランドを代表する画家の一人です。
当時ロシア領だったヘルシンキに生まれ、フィンランド芸術協会の素描学校に学び、
1880年には奨学金を得てパリに留学しています。
パリの国立美術学校はまだ女性の入学を認めていない時代だったので、
女性を受け入れているアカデミーで学んでいます。

ヘレン・シャルフベック 「コサック(美しきコサック)」 1878年 油彩、カンヴァス
フIMG_0517

初期の作品は伝統に従い、写実的です。

ヘレン・シャルフベック 「母と子」 1886年 油彩、カンヴァス
フIMG_0532

パリ留学の成果を披露していて、写実的ですが、外光を意識した作品です。
この1886年のパリでは、最後の印象派展となる第8回展が開かれ、スーラの
「グランド・ジャット島の日曜日の午後」やシニャック、ゴーギャンの作品が
展示されています。

ヘレン・シャルフベック 「フィエーゾレの風景」 1894年 油彩、カンヴァス
フIMG_0469

フィエーゾレはイタリアのフィレンツェ近くの町です。

ヘレン・シャルフベック 「祖母」 1907年 油彩、カンヴァス
フIMG_0535

やがて形態を単純化した、平面的な画面の作風に変化しています。

ヘレン・シャルフベック 「木こりⅠ」 1910-11年 油彩・カラークレヨン、カンヴァス
フIMG_0465

太い描線も使っています。

ヘレン・シャルフベック 「占い師(黄色いドレスの女性)」 
 1926年 油彩・カラークレヨン、カンヴァス

フIMG_0462

小気味よく単純化されています。
シャルフベックはファッションにも強い関心を持っていました。

2015年に東京藝術大学大学美術館で開かれた「ヘレン・シャルフベック展」の記事です。


マリア・ヴィーク(1853-1928)はヘルシンキに生まれ、1875年にパリに留学し、
サロンにも出品しています。

マリア・ヴィーク 「教会にて」 1884年 油彩、カンヴァス
フIMG_0474

1883年にシャルフベックとともにフランスのブルターニュを訪れています。
伝統衣装の女性を正面から捉えて描いています。
ゴーギャンは1886年からブルターニュのポン=タヴァンに住んでいます。

マリア・ヴィーク 「ボートをこぐ女性、スケッチ」 1892年頃 油彩、カンヴァス
フIMG_0480

ボートをこぐ姉のヒルダを明るい夏の光の中で描いています。


エレン・テスレフ(1869-1954)はヘルシンキに生まれ、フィンランド芸術協会の
素描学校に学び、1891年にパリに留学しています。
カンディンスキーの影響を強く受け、明るい色彩とパレットナイフによる
力強い筆遣いを特徴にしています。

エレン・テスレフ 「トスカーナの風景」 1908年 油彩、カンヴァス
フIMG_0503

オリーブ畑を描いていて、うねるような激しい筆遣いを見せています。

エレン・テスレフ 「装飾的風景」 1910年 油彩、カンヴァス
フIMG_0506

大きな作品で、夏の日を浴びた巨木のかたわらに小さく人が見えます。

エレン・テスレフ 「自画像」 1916年 油彩、カンヴァス
フIMG_0500

淡い青色でまとめた自画像です。
テスレフの作品は色彩が印象的です。


シーグリッド・ショーマン(1877-1979)はウクライナ生まれで、1899年から
フィンランド芸術協会の素描学校でシャルフベックらに師事しています。
1909-10年にはフィレンツェでエレン・テスレフと共同制作も行なっています。

シーグリッド・ショーマン 「イタリアの風景、ヴォルテッラ」 1909年 油彩、カンヴァス
フIMG_0487

ヴォルテッラはトスカーナ地方の町です。
明るい色彩と単純化された形によって描いています。


エルガ・セーセマン(1922-2007)は現在はロシア領のヴィボルグに生まれ、
フィンランド美術アカデミー(フィンランド芸術協会の素描学校の後進)に学んでいます。
第2次世界大戦後に活躍した画家で、孤独感のある作品を描いています。

エルガ・セーセマン 「通り」 1945年 油彩、カンヴァス
フIMG_0494

明るい昼間なのに寂寥感の漂う絵で、人物も孤独そうです。

エルガ・セーセマン 「自画像」 1946年 油彩、厚紙
フIMG_0492

目の辺りが暗く、表情が見えないのは、内面の重さ、暗さを表しているようです。

ヘレン・シャルフベック以外は初めて観る作家ばかりでしたが、それぞれに個性があり、
興味深い展覧会です。

・・・・・

上野ABAB横の通りでは、東京芸術大学学園祭で制作された各学科の法被が
展示されていました。

はIMG_0141 - コピー

日本画・邦楽
はIMG_0136 - コピー

油画・打楽器・オルガン・古楽・指揮
はIMG_0134 - コピー

工芸・学理
はIMG_0139 - コピー

建築・声楽
はIMG_0131 - コピー

関連記事

【2019/09/19 20:13】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3890-1ec2c6e8

プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |