FC2ブログ
「メスキータ展」 東京ステーションギャラリー
東京
chariot

東京駅の東京ステーションギャラリーでは、「メスキータ展」が開かれています。
会期は8月18日(日)までです。

img803.jpg

オランダの版画家、デザイナーのサミュエル・イェスルン・デ・メスキータ(1868-1944)の
作品を展示する展覧会です。
展示作品はすべて個人蔵です。

メスキータはアムステルダムでポルトガル系のユダヤ人の家に生まれています。
ユダヤ人には東欧系(アシュケナージ)と南欧系(セファルディム)とがありますが、
メスキータはセファルディムです。
アシュケナージの画家にはシャガールやキスリング、ス―ティン、セファルディムには
ピサロやパスキン、モディリアーニなどがいます。

メスキータはハールレムやアムステルダムで美術教師を勤め、生徒にはだまし絵で
有名なマウリッツ・エッシャー(1898-1972)もいます。

メスキータはおもに木版画を手掛け、画題は人物や動物、植物などで、多種多様な
彫り方を駆使して表しています。
形態は単純化され、装飾性もあり、時代を反映してアール・デコの趣きもあります。

「うつむく女」 1913年 木版
メスキータimg968 (2)

メスキータの特徴の白と黒のコントラストのはっきりした作品です。

「ヤープ・イェスルン・デ・メスキータの肖像」 1922年 木版
メスキータimg959 (3)

息子のヤープを描いていて、眼鏡やひげの表現が印象的です。

「髭に手をやる自画像」 1917年 木版
メスキータimg968 (5)

「サボテンと自画像」 1926-29年 木版
メスキータimg959 (6)

「ユリ」 1916-17年 木版
メスキータimg959 (7)

「パイナップル」 1928年 木版
メスキータimg959 (9)

「オニアオサギ」 1915年 木版
メスキータimg959 (1)

メスキータはアムステルダムの動物園に通って、動物たちを描いています。

「ワシミミズク」 1915年 木版
メスキータimg968 (1)

ユーモラスな顔をしていて、羽根の表現も装飾的です。

「シロフクロウ」 1927年 木版
メスキータimg959 (2)

面白い形に単純化されています。

「鹿」 1925年 木版
メスキータimg959 (4)

縦と横、斜めの直線にまとめています。

「ブレスボック」 1935年 木版
メスキータimg959 (8)

スポットライトが当たったように浮かび上がっています。

「シマウマ」 1918年頃 木版
メスキータimg968 (4)

メスキータは、「始めから白と黒のコントラストのはっきりしているシマウマを版画に
すべきではない。」と言っていたので、後にこの作品を発見したエッシャーは
大変驚いたそうです。


メスキータは建築関係の雑誌、「ヴァンディンゲン誌」の表紙を手掛けてもいます。

「ヴァンディンゲン」表紙 1931年
メスキータimg959 (5)

アール・デコ調のフクロウです。

「ファンタジー:さまざまな人物」 制作年不詳 インク、水彩
メスキータimg968 (3)

ほとんど意識の無い状況から浮かび上がってくるイメージを描いた作品、
「ファンタジー」のシリーズもあります。
多くは人物像で、木版画とは違い、どこか不気味な雰囲気があります。
メスキータはこんな心的世界を持っていたのかと思います。


メスキータの住むオランダは第2次世界大戦中の1940年にナチスドイツに占領され、
1944年1月31日の夜、ユダヤ人であるメスキータと妻、息子のヤープは拘束され、
メスキータ夫妻は2月11日頃にアウシュビッツ強制収容所で、ヤープは3月30日に
テレージエンシュタットのゲットーで亡くなっています。
アトリエに残された作品はメスキータの生徒だったエッシャーたちが救い出し、
大事に保管して、戦後すぐに展覧会を催して公開しています。
作品はこのような経過で伝えられたので、題名はメスキータ自身によるものではなく、
便宜的に付けられたものです。


エッシャーはメスキータの教えを受けていただけあって、初期の作品はメスキータの
強い影響を受けていることが分かります。

参考
マウリッツ・エッシャー 「椅子に座っている自画像」 1920年 木版
エッシャーimg488 (5)

2018年に上野の森美術館で開かれた「ミラクル エッシャー展」の記事です。


次回の展覧会は、没後90年記念 、「岸田劉生展」です。
会期は8月31日(土)から10月20日(日)です。

img958.jpg

関連記事

【2019/07/06 18:29】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • こんにちは。
  • メスキータの作品は写実を基本にしながら、切れ味良く単純化していて、インパクトがあります。
    特に動物の絵の造形には感心します。

    【2019/07/08 08:26】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • 写実とデザインの中間
  • 写実性を残しながらデザイン化している感じが良い感じですね。写実的な画なのに足だけ直線にしちゃってる牛なんかも意外性があって面白い。

    【2019/07/07 23:39】 url[miss.key #eRuZ.D2c] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3892-03205229

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |