FC2ブログ
「恐竜博2019」 上野 国立科学博物館
上野
chariot

上野の国立科学博物館では特別展、「恐竜博2019」が開かれています。
会期は10月14日(月・祝)までです。

恐竜img012 (2)

会場マップ
恐竜img012 (3)


国立科学博物館では今までに何回か恐竜博が開かれていますが、今回は1969年以降
50年間の恐竜学の進化を紹介するものです。
従来の恐竜のイメージを大きく変える、いわゆる「恐竜ルネッサンス」が起きています。

デイノニクスの足のホロタイプ標本
きIMG_0946

新種の学名を決める際、基準となる標本がタイプ標本で、タイプ標本が複数ある時は
その中で最優先される標本がホロタイプ標本で、新種1種に1点しかありません。

デイノニクスとは「恐ろしい爪」という意味で、大きなカギヅメを持っています。

アメリカの古生物学者、ジョン・オストロム(1928-2005)が1969年に命名した
白亜紀前期の肉食恐竜です。
その骨格や機敏に動けたと思われることから、オストロムが鳥類の恐竜起源説や
恐竜温血説などを発表した、恐竜ルネッサンスのきっかけとなった標本です。

肘から指先まで
きIMG_0951

鳥と同じように手首を横に広げることが出来たようです。
きIMG_0953

テノントサウルスに襲い掛かるデイノニクス(複製)
きIMG_0969

協力して狩りをしていたと思われる様子の再現です。

尾椎
きIMG_0957

尻尾の骨に別のデイノニクスのカギヅメが食い込んでいます。
共食いしていた可能性があり、協力して狩りをしていたというイメージとは異なります。

ジョン・オストロムのフィールド・ノートも展示されています。
きIMG_0960


デイノケイルスの前足(複製)
きけIMG_0974

1965年にモンゴルで前足と肩が発見され、デイノケイルス(怖ろしい手)と
名付けられますが、長い間、謎の恐竜とされていました。
その後、他の部位が発見され、ようやく全体像が判明しています。


きIMG_0994

歯は生えていません。

すね
きIMG_0997

足首から指先
きIMG_1000

胃の内容物
きIMG_1003

胃の中で植物をすり潰す胃石や魚の骨があり、雑食だったと考えられます。
前足の力もそれほど強くは無く、どう猛な肉食獣では無かったようです。

全身(複製)
きIMG_1007

きIMG_0990


マイアサウラ
きIMG_0978

きょIMG_0984

白亜紀後期に北米大陸に生息していた恐竜で、「良い母親トカゲ」という意味です。
巣と考えられる凹みの近くから幼い個体が発見されたことから、少なくとも短期間は
親が子を世話していたと推定されています。


シチパチ
きょIMG_1060

きょIMG_1061

白亜紀後期にモンゴルに生息していた恐竜です。
巣の中で卵を抱いている姿勢で発見された化石があることから、卵を温めて
孵化させるという、鳥類と同じ行動を取っていることが分かりました。

ティラノサウルス(複製)
きIMG_1029

おなじみのティラノサウルスです。
カナダで1991年に発見された時、スコッチウイスキーでお祝いしたことから、
スコッティ―の名が付いています。
体重は約8870kgと推定され、ティラノサウルスとしても肉食獣としても
最重量とのことです。


日本で発見された恐竜も展示されています。

むかわ竜
きIMG_1018

復元骨格
きIMG_1020

白亜紀後期の草食恐竜で、ハドロサウルス類に属し、北海道のむかわで
全身の約8割が発見されています。

モササウルスの新種?
きIMG_1023

きIMG_1024

白亜紀後期の海に棲んでいた肉食の爬虫類で、和歌山県で発見されました。
他のモササウルスに比べ、あしヒレが大きいのが特徴です。

K/Pg境界
きIMG_1032

約6600万年前のユカタン半島への巨大隕石の衝突による地球の寒冷化などで、
恐竜などの大型爬虫類が絶滅したとされ、中生代白亜紀と新生代を分ける境界と
なっています。
ティラノサウルスやトリケラトプス、モササウルスなどはこの衝突で滅んでいます。

レピソステウス
きIMG_1034

アメリカでK/Pg境界の20㎝上で発見されたガ―類の魚類です。
境界に最も近い地層で発見された脊椎動物の一つで、隕石衝突後、数千年以内の
化石と考えられています。

魚類への隕石衝突の被害は比較的に少なかったようです。
陸上では鳥類や小型哺乳類などが絶滅を免れています。
恐竜は鳥類の形で子孫を残し、人類の祖先は小型哺乳類として生き残った訳です。

約1万種の脊椎動物の中で100年間に1~2種は絶滅し、一方で新しい種が誕生すると
されています。
ところが1900年から2014年までの114年間で哺乳類35種、鳥類57種が絶滅しており、
現代は過去5回の大量絶滅期に次ぐ第6回目の大量絶滅機に入っているとも
言えるそうです。
その原因が人間の活動であることは、考えさせられる事実です。


ミュージアムショップで恐竜が合唱しているのは、「ジュラシック・パーク」の
テーマ曲でしょうか。
きょIMG_1063


鳥獣戯画ならぬ恐竜戯画の絵葉書もあります。
恐竜img012 (1)


人気のある展覧会なので、あらかじめ混雑状況を確認してから行かれることを
お勧めします。

2016年に国立科学博物館で開かれた「恐竜博2016」の記事です。

展覧会のHPです。

関連記事

【2019/07/30 19:07】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3909-064128c6

プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |