FC2ブログ
「第83回 新制作展」 国立新美術館
乃木坂
chariot

六本木の国立新美術館では、「第83回 新制作展」が開かれています。
会期は9月30日(月)までで、火曜日は休館日です。

新制作協会は1936年設立の美術団体で、現在は絵画部、彫刻部、
スペースデザイン部があります。
会場は撮影可能です。

石川由子 「市場のある日」
しIMG_0441

石川さんの懐かしい風景、今年は市場です。

一居孝明 「gold sight(雨上がり)」
しIMG_0386

しIMG_0389

メタルの鈍い輝きの中に雀も見えます。

右馬野恒子 「ある日シチリアII」
しIMG_0420

惹き込まれるような深い青です。

大下かる 「山フキ」
しIMG_0429

淡く柔らかな色彩です。

奥田善章 「白い太陽とヘチマ影」
しIMG_0408

しIMG_0410

ボールペンを使った、丸々とした作品です。

小野仁良 「オトノキオク・トオクノキテキ I」
しIMG_0444

木の家の床に日の光が映っています。

片山祐裕之 「ある風景」
しIMG_0450

かつて空を飛んでいたゴミ置き場。

金森宰司 「ライフ「悠々自適」」
しIMG_0353

砂時計がおだやかな時間を表しています。

小島隆三 「アダムとイヴ」
しIMG_0463

蛇の巻き付いた知恵の樹が真ん中に居ます。

近藤オリガ 「蝶々さん」
しIMG_0453

絹のような筆触でソフトフォーカス気味に描いています。

近藤オリガ 「イヴ(EVE)」
しIMG_0456

リンゴがあるので、イヴと分かります。

佐藤泰生 「二つの肖像(巡る時)」
しIMG_0350

華やかで迫力のある色彩の肖像です。

下倉剛史 「青い夜」 新作家賞
しIMG_0438

街の輝きと手前の暗闇の対比が際立ちます。

鈴木幸子 「向」 
しIMG_0466

日本画風の装飾性を存分に見せています。

高堀正俊 「梅の木の下で」
しIMG_0396

高堀さんの写実には凄味がります。

田村研一 「流浪亭日乗 風の中の惑星にて」
しIMG_0390

真昼の幻想が爆発しています。

中井英夫 「賀茂川幻視行」
しIMG_0380

おもちゃが川向うを行進しています。

仲田道子 「フリーダム」 絵画部賞
しIMG_0432

浮遊感と陶器のような質感があります。

鍋島正一 「揺れるヴェネチア」
しIMG_0359

しIMG_0357

正面から見るとよく分かりませんが、立体作品です。

能勢まゆ子 「幻影―朔日」 絵画部賞
しIMG_0365

光の当たる岩に存在感があります。

原田夏樹 「名犬六兵衛の居る世界③」
しIMG_0423

犬が居ると風景に趣きが増します。

藤野ミナ子 「幸せな時」
しIMG_0371

色彩も画面構成も楽しげです。

松木義三 「子供の時間」
しIMG_0393

さまざまな姿勢の子供たちです。

丸尾宏一 「Rurikei」
しIMG_0411

るり渓は京都府南丹市にあります。

森弘江 「斜光II」
しIMG_0417

光が溶けています。

山本正紀 「暖かい日」
しIMG_0362

画面の奥まで空間が続いています。

和田和子 「散策風景(冬)-1-」
しIMG_0435

上から公園を眺める、面白い画面構成です。

渡辺久子 「収穫(harvest)」
しIMG_0399

爽やかな風が流れています。

2018年の「第82回 新制作展」の記事です。

関連記事

【2019/09/21 18:06】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3952-953d8114

プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |