FC2ブログ
「辰野金吾と 美術のはなし 」展 東京ステーションギャラリー
東京
chariot

東京駅の東京ステーションギャラリーでは「辰野金吾と美術のはなし 」展が開かれています。
会期は11月24日(日)までです。

img084.jpg


東京駅丸の内駅舎や日本銀行本店を設計した建築家、辰野金吾(1854-1919)の
没後100年を記念しての小企画展です。

辰野金吾は唐津藩の下級藩士の子に生まれ、辰野家の養子となっています。
工部省工学寮(のち工部大学校)に一期生として入学し、造家学科に進んで、
ジョサイア・コンドルに学んでいます。
明治12年(1879)に造家学科を首席で卒業した時の卒業証書が展示されていて、
工部大学校長大鳥圭介、工部卿山田顕義の名があります。
試験や設計では同期の曽禰達蔵(丸の内の三菱各館、慶應義塾大学図書館
などを設計)が上だったものの、辰野の真面目な勉学態度が評価されたそうです。
明治13年(1880)にイギリスに留学し、コンドルが来日前に勤めていたウィリアム・
バージェスの建築事務所とロンドン大学に学んでいます。

洋行時のトランク 辰野家蔵
辰野img158 (4)

当時は海賊船に積んでありそうな頑丈なトランクと一緒に船に乗って、ヨーロッパに
渡っていたのです。

展示されている辰野のパスポートはB4ほどもあり、外務卿井上馨の名で発行
されていて、辰野は24年3か月となっています。
工部大学校で辰野に卒業証書を手渡した山田顕義(1844-1894)が24歳の頃には
長州藩兵を率いて戊辰戦争を戦い、その用兵の才を高く評価されています。
10歳の差で、活躍の場も大きく異なるものです。

辰野は留学中、ローマに留学していた洋画家の松岡壽(1862-1944)と出会い、
親交を結んでいます。
松岡壽は岡山藩士の子で、工部美術学校でフォンタネージに学び、ローマ留学の後、
明治美術会を結成し、また藤島武二などを育成しています。
辰野は留学により建築における美術の重要性を認識し、帰国して工部大学校
(後の帝国大学工科大学)の教授となった時は松岡を教師に招いています。
工部美術学校にあって、現在は東京大学に保存されている大きな石膏像3体も
展示されていて、保存されてきたのは工部大学校の教授だった辰野の尽力に
よるものだそうです。

「辰野金吾肖像」 松岡壽 1921年 辰野家蔵
辰野img158 (5)

辰野没後の記念事業として松岡に依頼して描かれ、辰野の家族に贈られた作品です。


「中央停車場建物展覧図」 辰野葛西建築事務所」 1911年頃 鉄道博物館蔵
辰野img158 (1)

辰野は帝国大学工科大学を退職後、明治36年(1903)に辰野葛西建築事務所を
設立し、そこで中央停車場(東京駅丸の内駅舎)の設計に当たっています。
デザインはバージェスの手掛けた復古調のヴィクトリアン様式に倣っています。
中央停車場の設計図面も展示されています。

「辰野金吾博士 作品集成絵図」 後藤慶二 1916年  辰野家蔵
辰野img158 (3)

辰野金吾の還暦祝いに贈られた絵で、作者は建築家の後藤慶二(1883-1919)です。
辰野は多くの後進を育てており、敬愛されていたようです。
右の白い建物は日本銀行、その左は東京帝国大学工科大学、右上は東京駅、
正面上はドーム屋根の初代両国国技館で、想像上の建築群です。
辰野は日本銀行、東京帝国大学、国会議事堂の3つを設計することを念願として
いましたが、国会議事堂は果たせませんでした。

丸の内駅舎の北口です。

とIMG_0511


2014年に同じ東京ステーションギャラリーで、「東京駅100年の記憶」展が開かれました。

「東京駅100年の記憶」展の記事です。

展覧会のHPです。

辰野金吾の設計した日本橋の日本銀行本店の向かいにある貨幣博物館では
「辰野金吾と日本銀行―日本近代建築のパイオニアー」が開かれています。
会期は12月8日(日)まで、入場は無料です。

辰野img158 (2)


次回の展覧会は、「坂田一男 捲土重来」です。
会期12月7日(土)から2020年1月26日(日)です。

img162.jpg

関連記事

【2019/11/14 20:15】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/3995-b5efc802

プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |