FC2ブログ
「加藤巍山展ー示現ー(彫刻)」 日本橋髙島屋美術画廊X
日本橋
chariot

日本橋髙島屋美術画廊Xでは「加藤巍山展ー示現ー(彫刻)」が開かれています。
会期は12月16日(月)までです。
加藤巍山さん(1968~)は東京出身で、高村光雲の系統の仏師として、
仏像や彫刻を制作しています。

「示現・序」 楠
かIMG_0799

かIMG_0801

仁王様のような厳しさがあります。
薄く墨で彩色され、部材をつなぐ鎹(かすがい)をそのまま見せています。

「示現・I」 台湾檜
かIMG_0806

かIMG_0809

不動明王のように剣を持ち、三つ目です。

「誰ガ為」 楠
かIMG_0804

「慈」 木曽檜
かIMG_0812

かIMG_0813

中宮寺の弥勒菩薩像を思わせる女性像です。
白木の肌理が清らかで、衣は飛鳥時代の仏像彫刻のようです。
手の形は転法輪印に似ています。

仏像彫刻の技を基本にして、深みのある人間像が刻まれています。

2017年に三井記念美術館で開かれた、「驚異の超絶技巧!-明治工芸から
現代アートまでー」に加藤さんの作品も出展されていました。

「驚異の超絶技巧!」展の記事です。

関連記事

【2019/11/30 20:24】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/4006-067c64c8

プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |